« 2012年1月 | トップページ

2012年2月

明治Rー1の効力

1328097363870.jpg
巷では、インフルエンザが大流行。
で、明治のプロバイオティクスR-1菌が、免疫力をあげる物質を活発化させる効力があるという、情報がテレビで紹介され、品薄状態になっているらしい。

でも、ちょっとまった!
すでにインフルエンザにかかってしまっている人やには効果は小さいし、ましてや、一つ食べたところで…てのが、正直なところ。
効果が上がったのは、半年食べ続けたからであって、それさえも科学的には証明されていないとか。

で、そんなことしているより、お金いらずものいらずの免疫力UPの方法をご紹介。

それは「噛む」こと。

唾液には、免疫力をあげる物質がたくさん含まれていて、唾液の分泌量が増える分だけ、その物質の分泌量も増える。
じゃあ、どうしたら、唾液の分泌量が増えるかというと、噛む回数が増えると増えるのである。

しかも、この唾液の中にはガン物質をも撃退する成分も含まれているという。

噛んで風邪予防。
ステキですね。


そして、さらにネバネバ成分と身体を温める成分でダブルパンチ!
てことで、我が家の夕ごはんは免疫力向上献立です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ