« のどごし生で たこ焼き | トップページ | 宇宙の学校の宿題 »

行事食は 誰が作る??

Photo_3 3月3日の夕ごはん
ごはん
水菜と葱と若布のスープ

黒毛和牛カルビの塩焼き
春キャベツと新玉葱のガーリック炒め
大豆煮
高野豆腐含め煮
隠元塩ゆで
ミルクパンナコッタ ラズベリーソース(自家製よ)


今日は楽しいひなまつり~・・・・ですが
諸事情により 我が家や 先月5回も ちらし鮨あるいは 海苔巻きを食べているので
(ハマグリのおつゆも 3回ほど・・・) もういいです。

男の子のいる家みたいな 食事になりました。(近いモノはあるが・・・)

昨日の給食も 「菜の花寿司」・・・・。
日本の伝統食を守ろうという 粋な計らいなのか 働いているお母さんたちが忙しくて作れないから・・・と 気を遣っているのか 学校の給食で 必ずといっていいくらい 行事食が出る。

前にも書いたかもしれないけど・・・
家で作る立場としては 困るんだよね~。かぶっちゃう。

ただでさえ どうやら栄養士さんと 思考回路が近いらしく 何の気なしに作っているメニューが 被っていること 多いのに・・・。

できれば 行事食の日は 給食とお弁当持参と 選べるようにして欲しい・・と思うのは私くらいかしら?? 栄養士さんに言ってみようかな??

おひなさまの ちらしなんてホントに各家庭の色が出る。
出身地によっても 違うし 酢飯の味付けだって ずいぶん個人差がある。
女の子だから お手伝いながら 我が家のちらしを受け継いで欲しいと思うのだけどね・・・。
連日の寿司責めは さすがに可哀相・・・・。

ちなみに我が家のちらしは ごはんの具に 人参・牛蒡・油揚げ・じゃこ(これは私の代から)が入り、すし飯は甘め。
トッピングは 下から順に 海苔・海老そぼろ・錦糸卵・蓮根・煮椎茸・おじいちゃんの大正海老・絹さや・紅ショウガ・・・となる。

これは母方の おばあちゃんも同じ。(かんぴょうも入るけど・・・)
トッピングののせるじゅんじょを 小さい頃はまちがえたりしたもんな~。
でも 小さい頃から食べているから 今でも 覚えてたりするのよね。

そんな風に 自然と受け継がれていくのが 家庭の味・・・のはずなんだけどね。

春キャベツ 美味しくなってきたよ。
我が家では 2日で ほぼ一玉完食です。

|

« のどごし生で たこ焼き | トップページ | 宇宙の学校の宿題 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1027438/39091508

この記事へのトラックバック一覧です: 行事食は 誰が作る??:

« のどごし生で たこ焼き | トップページ | 宇宙の学校の宿題 »