« ほうれん草の災難 | トップページ | »

今だからできること

とうとうほうれん草等の葉物類が 出荷停止となった。
「ただちに健康には影響はない」はずなのに なぜ 出荷停止になったのか・・・。

それは 他の産地の風評被害を懸念して・・という理由。
このまま 流通すれば 「不安」ということで他の産地の葉物までが売れなくなってしまう・・。
それを回避するために 出荷停止という措置をとった。

なのに・・・他の産地の葉物も売り上げが落ちているという・・・。
それどころか 北関東産の他の 農産物まで売れなくなっているという・・。

これでは ほうれん草は ・・・北関東のほうれん草農家は無駄死にではないか!

報道の仕方、発表の仕方にも問題がある。

確かに安全な範囲内なら なぜ発表したのか。
しかも 各社「速報」という形で 報道した。

さも 大事件のように 取り上げるから 一般庶民は 大事のように捉えてしまう。

昨日も書いたように ベースとなる数値は 『暫定基準』。チェルノブイリの時に IAEAが定めた「同じ数値のものを一生食べ続けたとしても 影響が出るかでないか 微妙な数値」
である。ほうれん草は全国各地に産地があり、季節によって 出荷地域が変わる メジャーな農産物。自家栽培しているとかっていう特別な理由がない限り、『一生この産地のものを食べ続ける』ことはあり得ない。
「ただちに健康に影響は出ない」といっても 出荷停止になってしまえば なんとなく食べちゃいけないんじゃないかという 疑念がわく。
枝野さんの記者会見を最初から最後まで見ていれば この 出荷停止の理由もちゃんと説明していた。
続けて見ていれば そういうことかと納得もいく。国民の「安心」のために 「安全」なほうれん草は 出荷停止になったのだと。
だけど 編集した会見を見ると そうは思えない。 そういう編集をするのは TV局だ。
しかも 「まったくダメ~」なんて言ってる スーパーのおじさんまでうつす。
これじゅあ ほうれん草を買っちゃいけないような気もするし、他の野菜も危険なんじゃないかと 錯覚をしかねない。 でもそれはあくまで「錯覚」にすぎないのに。

ほうれん草の専業農家が 泣く泣く トラクターで出荷直前の青々としたほうれん草をつぶしていた。彼らにとっては あの大津波の映像と同じくらいショッキングなことに違いない。(私も心が痛んだ)
ましてや これが 人体に影響がある・・というのであれば 諦めもつくが、これじゃあ、犬死にだ。
なんにも悪くない我が子が「他のコたちに与える動揺が大きいので学校に来ないように」といわれているに等しい。
そういうことになったら ママたちは納得できる?

 
津波は 天災だ。自然のなせる技で 仕方ないとあきらめるしかない。
でも このほうれん草の一件は人災だ。 東電のせいではなく、 人々の心の中の 不安感がもたらす人災。 

「今 できること」と唱えている人たち。
私たちができることは ほうれん草の分まで 北関東の野菜を消費すること。
代替えで入荷した ほうれん草を食べること。

誰しもが 簡単にできることの一つだ。

最近話題になっている 節電のポスターに加えて欲しい。
首都圏の人 一人が 小鉢一杯分のほうれん草のおひたしを食べたら 何人の農家の人が救えるのか・・・。

Photo だから 昨夜のごはんは 「ほうれん草とベーコンのキッシュ」
1ホールで 一束使う 山盛りほうれん草入り。
3月22日の夕ごはん
たらこスパゲティ
ほうれん草とベーコンのキッシュ
豆腐とフルーツトマトのサラダ 
  アンチョビ代わりにイワシの梅煮のフレークを添えて

|

« ほうれん草の災難 | トップページ | »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1027438/39325050

この記事へのトラックバック一覧です: 今だからできること:

« ほうれん草の災難 | トップページ | »