« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

Photo_2 3月26日の夕ごはん
筍と塩豚・水菜の京風うどん
大豆と新玉葱・桜エビ・自家栽培三つ葉のかき揚げ



幽閉生活も 活動的なママたちには そろそろ窮屈になってきているらしい・・・

というより 先の見えない 今の状態。 最初は 用心していたけど 東京の揺れもおさまり、見えない相手にビクビクしていても仕方ないと 覚悟を決めて 行動をはじめた ママたちが 増えています。

この調子で 「元の生活」ではなく 今の状況にあった「新生活」に早く馴染んでくれることを 望んでいます。

と 言いながら 我が家は変化なし。
皆に 「大丈夫」と 豪語している以上 野菜もいっぱい食べるし、水道水も飲む。
少なくとも 乳児はいないし 健康状態も 問題なし。
恐らく 海草類も日頃からかなり 摂取しているので 放射性ヨウ素の吸収も 最小限に抑えられると信じて・・・。

心之介ママも登場。
陣中見舞いに来てくれた。

そんなこんなで 夕食がずれ込み・・・ うどんのお湯を沸かす時間+ゆで時間で 完成。
かき揚げ。美味。

塩を少し入れて茹でた大豆なので 味付け不要。
新玉葱は 水分が多くて かき揚げにするとべちゃっとなるけど 少量の片栗粉を入れてカバー。
カリッと美味しい かき揚げになりました。
真心は 少量ずつ お出汁に浸して柔らかくして食べるのがお好み・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Photo 3月26日のお昼ごはん

親子で作ったピザ
(マルゲリータ・筍とシラス 他には 新玉葱・サラミ・ベーコン・アスパラガス等)
新キャベツの具だくさんスープ(ベーコン・人参・玉葱・キャベツ・エノキダケ・蓮根・セロリ)
グリーンサラダ(グリーンリーフ・胡瓜・大根・セロリ)
自家製ポテトチップ
ミルク

幼稚園の頃のお友だち優くんが 遊びに来ました。

どうしようかと思いつつ、みんなで ピザを作って食べました。
発酵までしておいて あとは のばしてのばして・・・。
トッピングもお好みで・・・。
250℃で 8分。

最初は「オレ ピザきらーい」って言ってた 優くん。
でも 途中から 夢中になって作り始め、 焼きたてを一口食べて

「うーんまい!」

て。 嬉しいねェ。
写真のサイズ(大皿です)のピザをペロリ。

新じゃががあったので ポテトチップも作ってみたら・・・
これがまた チョイ厚めで パリパリ。
大きい2コ分のポテチは あっという間に完食。

・・・・市販のポテチのカロリーって ものすごいって納得。

なんとなく 遊びに出づらい日々が続いているけど、
こんなコトしたら あっという間の一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨウ素ってさ

3月25日の夕ごはん(画像なし)
ごはん(しらすのせ)
大根のお味噌汁
鶏の唐揚げにんにく風味
揚げ新じゃが
キャベツとアスパラの炒め物
蓮根と塩豚・人参の100スキ蒸し
大豆・胡瓜・茎若布の鬼おろし和え
キウイフルーツ
黒豆茶


こどもは唐揚げ好きです。
真心もご他聞に漏れず。

お教室を再開しました。
ママたちは ずいぶん心労が重なり ストレスを溜めているし、小さなこどもたちも同様。
ちょっとでも 安心できたり 楽しめたりできればよいな~と思いつつ 再開です。

いつもの生徒さんがやって来て とりあえず今日は フリートーク。
元気そうなこどもたちの顔を見て 安心。

東京に残っているママたちは 賢明。
決して 地方に行っているママたちが 浅はかということではなく、皆 諸事情あって 東京に滞在せざるを得ない状況。選択の余地はないから 肝を据えるしかない。
それ故に 皆 ちゃんと自分で情報を集め 判断してる。
中には 妊婦さんだっている。

水道水の放射能物質混入の 退治や母乳育児への影響は 昨夜 産婦人科学会から 正式な発表があり、 問題なし。という見解が出たにも関わらず、 某民放では 「問題アリ」だの「注意が必要」だの 嘘の情報を流していたけど、 動じず。

ちなみに・・・ 知り得た 知識(これに誤りがあると 結果も違うけど)を使って計算すると、
乳児が 基準値の水道水で粉ミルクを飲んで 影響が出るかもしれないのは 粉ミルクだけの生活を 50年したら・・・・って あり得ないよね。

お野菜に関しても ほうれん草の値のお野菜を 10トン食べたら甲状腺に異常が出るかも・・って・・・・
一日 350グラムの 農水省が推奨している量を毎日 食べたとして ・・・
10トン食べるのには およそ 100年がかかる・・・

100年後  今生きている 日本人で 何人生きている事やら・・・

あふれ出る 様々な情報に 一喜一憂しているストレスのほうが よっぽど体によくない気がする・・・。

前にも書いたけど・・・ 喫煙での 肺ガンになる確率 2%、 
              交通事故にあう確率 0.5%、
    今回の汚染で(今の状態を維持して) 甲状腺異常が出る確率  0.06%
      (ただし 大人に関しては 数値の増加は認められず。こどものみ)

そして 今日、大田市場の関係者と 話をして・・・。
もともと この 放射性物質の測定は していなかった。
前にも書いたように 今回の事故をきっかけに 測定を始めたところがほとんど。
しかも 微量ながら、自然界にも 存在しているもの。
だから 今までが どれくらいの数値だったか(殊に 野菜に関して)は 誰も知るよしもない。
もしかしたら 今までも基準を超えた 野菜を食べていたかもしれないし、 水も飲んでいたかもしれない。

ましてや・・・ このデータは すべて 唯一の参考データである チェルノブイリ事故の数値を元にしていることで 元来 諸外国と食文化に大きく差がある日本では ヨウ素を多く含んだ 昆布を 和食の基本である 「出汁」で 食し、 他にも 若布・海苔・ひじき・もずく・・・と 海藻を 本当によく食べるという人種である。

ヨウ素剤を飲むことで 放射性ヨウ素の取り込みを押さえることができるのであれば 日本人は 天然からのヨウ素を 外国人とは比較にならないくらい 摂取しているに違いない。
とすれば 外国人から較べれば さらに その確率は 下がるということで・・・。

って 論文みたいになっていきた。
これだから わかりにくいって なるんだよね。 専門性が上がれば上がるほど わけわかんなくなるのが 一般庶民。

要は 今の状況下では ストレスによって 激減する カルシウム分を補足するために 魚をたくさん食べ、 ちょっと怖い原発対策のために 海藻をいっぱい食べ、 イライラ防止のために ミネラル豊富な 豆。豆製品をたくさん 摂取する。てこと。

ただし・・・

丼一杯の若布を食べたところで どうにもなりません。
人間の体は バランスよく 摂取できた栄養素分しか 取り込まないようにできています。
しかも 最も小さい数値のところに合わせて摂取し、残りは 廃棄されます。
だから 日頃 少なくなりがちな この辺りを意識して摂ることで 効率よく 栄養素を取り込めるように心がけること。

それが 一番大事。


出荷停止の野菜に代わり 中国の野菜の加工工場は 24時間体制のフル操業らしい。
「毒入り餃子」で 様々な問題が露呈され 敬遠されていた 中国野菜。 まさに今が 挽回のチャンスとばかり 日本にドドッと 押し寄せるに違いない。

冗談じゃなく、究極の選択 (ホントは そうじゃないけど)が 迫られる。

貴方は 「ただちに健康に問題はない国産野菜」と 「利潤追求の 農薬いっぱいの輸入野菜」 どちらを食べますか?

※ あくまで個人の見解です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遊んだ効果

Photo 3月24日の夕ごはん

やきそば(塩豚・キャベツ・新玉葱・長ネギ・エノキダケ・
セロリ・人参・にんにく・豆もやし・ニラ)
若布と胡瓜・大豆・シラスの酢の物
薩摩芋のレモン煮
コーン卵スープ

我ながら 素晴らしい・・と 自画自賛。
焼きそばをもってしても「まごわやさしい」をクリア。
品目数も ざっと数えても 20品目以上。
どうだ! すごいだろ!
でも 今日は米粒を食べず。
本来ならば たくさん食べないといけない 魚もここしばらく
消費してない気が・・・。


情報は刻一刻と変わります。
昨日 野菜の件で愚痴り、今日 水でぼやいたら 事態は違うことになっている。

ただ ひとつ わかるのは いま 起きていることは 地球上で未だかつてない 事が起きている・・ということ。 故に このあとこうなります・・と 先のことを予測できる人が誰もいないから 頼れる者がいないから 皆が不安に陥っている。
「暫定基準」だの 「指標」だのと 怪しい数字を掲げて話すことしかできないのは 誰しもが「わからない」から。

「情報の開示を」とか 「信用できない」とか という言葉を耳にするけど、それはもう、精一杯やっているのではないかと私は 思う。
「信用できる」のではなく、「信用する」ことが 今の私たちに求められていることだ。
相手との信頼関係が崩れていては 未来は望みにくい。
でも 今の日本は「未来を望まなければ、未来は見えてこない」状態なのだ。てことは 「信用すること」が 信頼関係を作ることなのでは ないかしら?
病気になったとき、治る見込みがあるからこそ つらい治療も甘んじて受けることができる。
見込みがなくなったときに 医者たちは 治療を続行するのは 本人のためではなく、 明日の医療のためだ。それは ひとりの未来ではなく、医療の未来のためだ。

今の日本に 担当医は不在だ。
抱えている病のことを 熟知している医者はいない。
だとしたら 知り得るすべての知識をさらけ出し、治療する努力を惜しまない人々を信じて
治ると信じる 本人の気持ちが大事になるのでは ないかしら?
疑っていては なにも 始まらない・・。
自分でも 知識を学び、判断をしていく、決断をする勇気が 必要なんではないかしら??

うーっん。
難しい・・・。

今日は真心は 学校がお休み(卒業式でした)。
例によって 渋谷のロッククライミングに お友だちを誘って・・・。
久々に 体を思い切り動かし、笑い、はしゃいだ。

大人も あまり今回の事を話さず こどもを応援し たかだか数メートルの壁を登ったことを 誉め 拍手をして 喜んだ。

スッキリした。

なにかが 吹っ切れた。

夜・・・。

ベッドに入った真心が 添い寝の(「寒いから真心の布団の中に入れろ」とダダをこねる)ダッフィーに語ってた。

「あのね、地震がきて 津波が来た所の人たちはね、寒くても 毛布は1枚くらいしかなくて、ガマンしてるんだよ。学校も めちゃくちゃだし、お家だってなくなっちゃってるし。大きな津波が来て、いろんな者が流れちゃって なくしちゃって(人が大勢亡くなったということを言いたかったらしい。)たいへんなんだよ。ディズニーランドもね、前は海だったところだから そこに 砂とか土とかを入れて 埋め立てたところだから 地震が来てね 泥になっちゃったの。それで ぐちゃぐちゃになって 今はお休みなんだよ。」

ダッフィーは 推定2歳。性格は 超ワガママ。(我が家での設定)

「ヤダー。」

真心はなだめる。
「あのね。 やだって言っても 真心だって決められないの。 いつとかわからないの。
話しになんないね。お母さん。」

なんと 今の状況を受け止めていることか!
学校でも 地震のショックをも考慮して この話題には触れていないらしいから、
彼女なりの 見解だ。
今日 普通の生活をして 楽しいことをした事で 彼女の中でなにかが変わった。
うまく私も言葉では説明できないけど、今回のこの惨事を 現実のこととして 受け止めた。
て感じかな? 自分の中に取り込んだ・・・。
自分で 理解したからこそダッフィーに話せたに違いない。

それとも 私が日々 語ることに対して 自分に言い聞かせているだけ?

ダッフィーは 尋ねる。(私なんだけど・・・真心の中では 「ダッフィー」だ)
「ガックシ・・・。ミッキーは?ミニーは? ボクは?」

「大丈夫。5月か 6月か 7月かわからないけど 今 お兄さんたちが 一生懸命直して暮れているから また 行けるよ。そうしたら 行こうね」

ダッフィーを通して真心と会話していて 真心の心の変化を感じつつ、私は いまこそ ミッキーの出番だ!って思ってしまった。

「みんなで力を合わせて 頑張ろう!」って 励ましてよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Photo_23月23日の夕ごはん
オムライス(鶏肉・新玉葱・自家製ミートソース入り)
コールスローサラダ(キャベツ・セロリ・玉葱・スナックエンドウプロシュート・フルーツトマト・シュレッドチーズ)
    昨夜の残りのドレッシングで
ネーブルオレンジ


『首都圏の水道水 基準値越え 摂取制限』
って。どうとりますか?

首都圏の水道水が 放射性ヨウ素の基準値を超えたので飲まないでください。

と 受け取りますか?

正しくは 「首都圏の水道水 が 放射性ヨウ素の含有量が幼児の基準値を超えたので ミルクを主に飲んでいる1歳未満の赤ちゃんは 摂取を控えるように。」

である。
誰も 大の大人に 摂取制限を出したワケじゃない。

また一つ ポスターの項目が増えた・・・
2㍑ペットボトルの水→15人分の赤ちゃんの食料(ミルク)

てね。

一段落した 買い占めが 再熱。
ダイエーに行ったら 水の在庫はゼロ。

本当に摂取制限の出ている 乳児の明日用のミルクは 皆 確保できているのかしら??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今だからできること

とうとうほうれん草等の葉物類が 出荷停止となった。
「ただちに健康には影響はない」はずなのに なぜ 出荷停止になったのか・・・。

それは 他の産地の風評被害を懸念して・・という理由。
このまま 流通すれば 「不安」ということで他の産地の葉物までが売れなくなってしまう・・。
それを回避するために 出荷停止という措置をとった。

なのに・・・他の産地の葉物も売り上げが落ちているという・・・。
それどころか 北関東産の他の 農産物まで売れなくなっているという・・。

これでは ほうれん草は ・・・北関東のほうれん草農家は無駄死にではないか!

報道の仕方、発表の仕方にも問題がある。

確かに安全な範囲内なら なぜ発表したのか。
しかも 各社「速報」という形で 報道した。

さも 大事件のように 取り上げるから 一般庶民は 大事のように捉えてしまう。

昨日も書いたように ベースとなる数値は 『暫定基準』。チェルノブイリの時に IAEAが定めた「同じ数値のものを一生食べ続けたとしても 影響が出るかでないか 微妙な数値」
である。ほうれん草は全国各地に産地があり、季節によって 出荷地域が変わる メジャーな農産物。自家栽培しているとかっていう特別な理由がない限り、『一生この産地のものを食べ続ける』ことはあり得ない。
「ただちに健康に影響は出ない」といっても 出荷停止になってしまえば なんとなく食べちゃいけないんじゃないかという 疑念がわく。
枝野さんの記者会見を最初から最後まで見ていれば この 出荷停止の理由もちゃんと説明していた。
続けて見ていれば そういうことかと納得もいく。国民の「安心」のために 「安全」なほうれん草は 出荷停止になったのだと。
だけど 編集した会見を見ると そうは思えない。 そういう編集をするのは TV局だ。
しかも 「まったくダメ~」なんて言ってる スーパーのおじさんまでうつす。
これじゅあ ほうれん草を買っちゃいけないような気もするし、他の野菜も危険なんじゃないかと 錯覚をしかねない。 でもそれはあくまで「錯覚」にすぎないのに。

ほうれん草の専業農家が 泣く泣く トラクターで出荷直前の青々としたほうれん草をつぶしていた。彼らにとっては あの大津波の映像と同じくらいショッキングなことに違いない。(私も心が痛んだ)
ましてや これが 人体に影響がある・・というのであれば 諦めもつくが、これじゃあ、犬死にだ。
なんにも悪くない我が子が「他のコたちに与える動揺が大きいので学校に来ないように」といわれているに等しい。
そういうことになったら ママたちは納得できる?

 
津波は 天災だ。自然のなせる技で 仕方ないとあきらめるしかない。
でも このほうれん草の一件は人災だ。 東電のせいではなく、 人々の心の中の 不安感がもたらす人災。 

「今 できること」と唱えている人たち。
私たちができることは ほうれん草の分まで 北関東の野菜を消費すること。
代替えで入荷した ほうれん草を食べること。

誰しもが 簡単にできることの一つだ。

最近話題になっている 節電のポスターに加えて欲しい。
首都圏の人 一人が 小鉢一杯分のほうれん草のおひたしを食べたら 何人の農家の人が救えるのか・・・。

Photo だから 昨夜のごはんは 「ほうれん草とベーコンのキッシュ」
1ホールで 一束使う 山盛りほうれん草入り。
3月22日の夕ごはん
たらこスパゲティ
ほうれん草とベーコンのキッシュ
豆腐とフルーツトマトのサラダ 
  アンチョビ代わりにイワシの梅煮のフレークを添えて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほうれん草の災難

Photo 3月21日の夕ごはん
中華丼(ゆで豚・人参・キャベツ・玉葱・長ネギ・ニラ・にんにく・生姜・茎若布)
豆腐と水菜のスープ
イワシの梅煮
ポテトサラダ
ほうれん草の胡麻和え


外は雨模様だし。節電のせいか 街は静かだし(昨日の午後7時半の渋谷は いつもの午前3時くらいの感じでした)
なんとなく ボーッと過ごす一日。

でも 真心は 7時過ぎ(彼女にしてみたら 大寝坊)には起きてくるから 9時から やることなくて暇。

丁度よいので お互い日頃放置してある部屋の整理。
真心は来月からは 2年生だから ついでに年度末の整理も一緒に・・・。

本棚のもう 赤ちゃんっぽい絵本を撤去して 幼稚園のバザーに出すように段ボールへ。
もうすこし落ち着いたら 被災地に寄付したってよいし・・・。

私も 二度の引っ越しでも開封しなかった段ボールの整理・・というか処分。
懐かしいモノが出てくるから なかなか作業は進まない・・・。

ブログをはじめる前まで つけていた日記。
真心の毎日の食生活が しっかり記してある。
気が狂ったように仕事していたのに ちゃんと作ってたなぁ・・・(実際 その頃は正気ではありませんでした)
再現して 『真心ごはん日記』ていう レシピ本でも出そうかしら。
大人とこどもが ちゃんと食べられる展開料理。

結局 一日がかりで片づけたのは 段ボール4箱分の書籍と2ヶ月分の新聞ぐらいの不要書類。

とうとう 農作物に出荷規制がかかる事態になってしまった・・・。
福島はこれで 幾重もの災害を被ることとなる・・・。
なんとも つらい・・・。

皆が にわかに農作物を毛嫌いするような体制で報道までもがそれをあおるような報道の仕方をするけど・・・。毎日どれくらい食べたら 体に影響が出るか、そっちが知りたい。。

今回 この一件で 咄嗟に作った 暫定基準。
そもそも その基準さえ 怪しいのに それを基準に 「5倍」だの 「7倍」だの・・・。

元来 添加物の基準値が 安全値の 1/100量と決められている。
もし 今回の暫定基準が 同じように設定されているとしたら 人体に影響が出る量の 1/10にも満たないコトになる。

こんなコトでビビッっていたら 普段の食生活なんて 恐ろしくて・・・・。
欧米では使用禁止になっている油(これは もう明らかに人体への影響が証明されている)を未だに使っている 日本の外食産業。

微量の放射能物質を避けたところで 日本人の数人に一人は癌になる運命。
「体に影響のない」量の しかも 洗って茹でれば除去できる ほうれん草は悪魔のように扱われ、「怖いねぇ」って 話しながら たばこを吸い、スナック菓子を食べ、ファストフードを食す。

おかしくない??

ほうれん草はそろそろ 名残も過ぎ、オフシーズンへと入る。
これから・・・という時期じゃなかったのがせめてもの救い・・。
来冬 シーズンになったときに この一件を皆が 忘れてくれているとよいけど。(ホントは来冬のほうが 危険な気がするが・・・・土壌の中には入り込むわけだから)

これを機会に 夏場にほうれん草作るの、やめてくれないかな??

避けるより 免疫をつけよう。
耐えうる体を作ろう。

前々から言われていたけど・・・
最近問題になっている 日本人の免疫力低下の理由。
日々の食生活が 大きく関与している。
こどものアレルギーも お母さんのお腹にいる頃からの 免疫力のなさが なせる技?だと・・・。

風邪をひくのも インフルエンザにかかるのも 傷口の治癒力もひとえにこの力に関わってくる。
やはり、怖いモノから 逃げるのではなく、 立ち向かう力をつける。
ここでも 言えることですね。

9日ブリに 奇跡の生還を果たした婆孫。
この人たちが 生きながらえたのも 日々の食生活が大きく関与していたに違いない。
出向いて行って 聞き取り調査をしたいぐらい・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こどものケア

3月18日の夕ごはん
ごはん(今日から 宮城県産ササニシキ+十六穀米)
大根のお味噌汁

焼き鶏(ねぎま・つくね・えのきベーコン巻き)
ひじきの煮物(新筍・塩豚・人参・長ネギ・油揚げ・桜エビ)
ポテトサラダ
茎若布と胡瓜の鬼おろし和え
フルーツトマト

真心がインフルエンザで 朦朧としていたら 世の中のものは あっという間になくなっていた。いつものお米やさんに配達を頼もうと電話したら「米がない」と言われ、近所のスーパーにも米はなく・・・
実家から 米・水・トイレットペーパー(残数0で途方に暮れた)・パンを入れた 段ボール一箱を宅配便で送ってもらった・・・。


ササニシキは粘りが少なく そしていつも食べているお米の半値のお米なので ちょっと不安だったけど、雑穀を入れたら なんだかわからなく 美味しくいただけました。
そんなもんですね・・・。

どうやら世の中が静かになってきた・・・と思ったら あれ?
知り合いは半分くらいが 東京にいないことが判明。

幼児や学校が春休みに入った こども連れは 田舎に帰省しているらしい・・・。
確かに 余震が止まぬ中 お父さんも安心して 仕事をしていられるだろうし、日中母子で地震が起きたときの不安もない。
そうするのが最も安全だとは思う・・・・。

改めて 思う。
ねこもしゃくしも 「今、自分にできること」と 呪文のように唱えているけど、
募金も 勿論大事かもしれないけど お金が必要になるのは今じゃない。
復興が始まってからのこと。


今は 円滑に 被災地に物資がいくように 買い占めを控え、西日本から来る 生鮮食料品を 被災地が消費できない分 どんどん消費すること。
この先の 日本の経済が 滞りなくまわっていくように すること。
あとは 私たち母たちにとっては やはり こどものケア・・・かな?

地震の直後 情報欲しさに TVをつけて見入ってしまった・・。
NHKをみていたら 名取川の津波の様子を ヘリコプターからのライブで・・・。
衝撃だった・・・。
真心も一緒にみてて・・・。
その時に考えればよかったと 今頃後悔。

あれは とてもショック。
映画じゃないし。 
映画だって最近は 衝撃すぎる描写については R指定がつくのに・・・。

ゆりかもめに乗っていた 阪神・淡路の時 被災した青年。 逆算すれば きっと 真心くらいの年齢の時に 被災したのだろう・・・。
もう 泣きながら 取り乱して 両脇を支えながら 降りてきてた・・・。
多感な時期に受けた経験は 一生ついて回る・・・。

地震大国 日本。
そこに住んでいる以上 どこにいようとも 地震からは逃れられない。
何十年に一回ぐらい 想定外と言われるモノがやってくる。
想定外だから 大惨事となる。
真心が一生を終えるまでに 恐らくまた こんなコトがあるだろう・・。
それは仕方がないこと。
自然の恩恵を受け 地球上で生きている以上 喜ばしくない自然の力をも受け入れなければならない。

でも その時に どれだけ 冷静な判断と 強い精神力を持てるかは これからの私たち大人のケア次第。

「地震は怖い」 「津波は怖い」という ことだけを 教えるのではなく、
「原発は怖い」「放射能は 怖い」と言うことを伝えるのではなく、ちゃんと正しい理解を大人がして 伝えていくのが うまく付き合っていく 方法 じゃないかと思う。
「逃げるが勝ち」ではなく 「戦う力」をつけよう。 

放射能だって 私たちは役立っていることだってある。レントゲンや CTスキャンも 放射能を浴びることとなる。それで どれだけの命が救われているか・・・。しかも 一回につき 相当量を受けることとなる。
本当は もっと怖いことを日常的にしているコトだってある。

我が子の様子をちゃんとみて ちゃんと対応してあげよう。
自宅待機だったり 外に出るのを控えたり イベントが中止になって 予定がなくなったり、
恐らく 我が子を向き合う時間は いつもよりたっぷりあるはず。
これを よい機会に コミュニケーションをとろう!

TVの取材で 今までメールでしか 会話をしなかったこどもたちが 目を見て相手をみて 話すようになったって言ってた。
避難所で陣頭指揮をとる 先生をみて 「見直した」(正しい日本語ではないけど この際無視)といってニッコリ笑ってた生徒がいた。

マイナス面 ばかり 荒探しせずに 前向きにいこう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月17日の夕ごはん
ごはん(塩昆布)
お味噌汁(さつまいも)
ゆで豚と新玉葱・新キャベツの回鍋肉
カンパチのお刺身(美味~ 超安~)
新筍とえのき ニラの卵とじ
フルーツトマト
デコポン


久々に 世俗に出たら? 頭にくることばっかで ホントに 「どうしちゃったのよ?日本人?」って感じ。

冷静になろう。
冷静に・・・・。

相変わらず いつものペースの食生活。
渋谷市場に行ったら 魚屋のおじさんが 「今日は買うまで帰さないぞ」体制。
美味しそうに並んでいる お魚たちが あまりにも可哀相で 母子二人では食べきれないくらい 購入してしまった・・・。

カンパチなんて 半身も・・・・っていっても いつもの価格の1/3。
養殖とはいえ 美味しかったわぁ。

諸事情で 携帯電話を 変えました。
超アナログの私が スマートフォンを持つこととなりました。

でも・・・・今どきの表参道のショップのイケメンの男の子に「簡単ですよ」って 契約だけして、放り出されたのが 午前11時。
結局 夕方 学芸大学のソフトバンクに駆け込んだ・・・
やさしかったなぁ 20年前は ブイブイ言わせていたであろう お姉さん。
全部 やってくれて、いろいろアドバイスもくれた。
こうでないと・・・。

ぅんもう 頭いたい。
これで 非常時に使えるとは思えない・・・。

写真は のちほどUPです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本は ただいま一斉試験中

Photo 3月16日の夕ごはん
十六穀米(シラス・塩昆布)
油揚げ・えのき・ニラのお味噌汁
鶏の照り焼き
根菜の100スキ蒸し(蓮根・さつまいも・人参・長ネギ・隠元)
春キャベツと胡瓜のコールスロー
キウイフルーツ

真心のクラスは学級閉鎖。
午前中に 課題をし終えて(どういうワケか 一人で淡々とこなす真心)
午後は暇。

DVDを一本選ばせたら どういうワケだか 「崖の上のポニョ」を選んだ。
こちらとしては なんだか タイムリーすぎて ちょっとイヤな感じ。
でも 真心曰く「ポニョは みんな生きるから」って。

こどもながらに こどもだからこそ ショックなんだよね~。
でも やっぱり それ 観るんだ・・・・。

でも・・・
途中から 「観たくないところあるんだよね。とばしていい?」って。
どこのことだろう・・と 思っていたら やはり 浸水していくシーン。海が荒れているシーン。
うーん。そこまでして観なくても 別の平和なDVD観ればいいのにね。
なんで そんな自分をいじめるようなことを・・・。

途中から お友だちが お母さんと作ったパンを届けてくれて 結局一緒に遊ぶことになり・・
おいおい 君たち 自宅待機中の立場だし・・・って思ってたら 案の定 担任の先生から
様子伺いの電話。
はじめは 黙らせていたけど そこはこどもたち 「ぎゃぁ~」って騒ぎ出して バレバレ。
でも 電話越しの 元気な声を聞いて 先生は「それくらい元気なら 明日は 大丈夫ですね」って。
明日は ぶり返しても いかせなきゃ。

心ない 買い占めのせい?で 真心の学校も 今日からお弁当持参。
私にとっては 名実ともに朝飯前だけど・・・ 働いている(私だって 働いているけど・・・)
お母さんにとっては 交通混乱に加えて ダブルパンチ。
真心のクラス分くらい 私作って 届けてあげたいけど・・・・。

そうそう 先日ちょっと書いた 「こんな時にレトルトばっかり食べていると~」ってのは
今どきのチェーンメールのように 根拠のないモノでなく、科学的に実証されていること。
加工された商品には 必ず保存がきくようにするために リン系の化合物が添加されている。そのリンが体内でカルシウムを消費してしまうので 体内のカルシウムが減って イライラしやすくなるって仕組み。
現実に 少年犯罪をした こどもの食生活を調査してみると このリンの摂取量が とても多いとか・・・。
今は 乳製品が品薄の昨今、余計にカルシウム不足(鮮魚も売れてないっていうし・・・)だから ホントに食生活を考えないと・・。こうなったら おやつを煮干しにするしかないか・・
煮干しは 乾物だから 保存もきくし いざとなれば 出汁を取ることもできるし・・・。
毎日 煮干しカジカジ・・・だゎ。

そうそう そして これも 昨日の書き忘れ。
96歳のおばあちゃん、さぞ 地震は怖かったろうと 日曜日にお見舞いに行くと・・・・
嬉しそうに ニッコリ笑って 「すごかったねぇ」と一言。
あの大揺れの時も 叔母が慌てて 安全な場所に移動しようとしても 「大丈夫、大丈夫」って
くり返して堂々としていたとか・・・

で 二言目。
「震災の時よりも 揺れたねぇ」って。

そうだ・・・・この人 関東大震災のとき 生きていたんだ!
おまけに 「戦後最大の~」って 冒頭につく 「戦争」も経験しているんだ!
強いはずだわ~。しかも 子を守るべき母として二つの日本の大事をくぐり抜け、 ましてや おばあちゃんは満州からの引き上げ者・・・。 
「震災の時は 稲取とか 網代の辺が 津波がすごくてねぇ」って まだ 話してるよ!

やっぱりそうだ!
これは 神様が 軟弱になっている日本に課している試練なんだ!
政治家が 重箱のスミつつきあって あげあし取りして 状況はなにも改善しない。
現代日本に対しての 一斉テスト。これに合格しないと 次のステップにはいけません・・・手ね。
その場に居合わせた見ず知らずの誰かと 共同でなにかをする・・・なんてのは 有名小学校のお受験でも よくある試験。
まさに それの大人版。
ボケボケしていると グループみんな 落とされちゃう・・・・。
「あの子がいたから うちの子が足を引っ張られて・・」なんて負け惜しみを言う ママが時々いるけど 今の日本はそんな言い訳は言ってられないからね。

震災から復興し 戦後から立ち直り ゆるゆるとなり始めた日本に「これじゃいけないよ」っていう シグナルなんだ・・・。「強くなりなさい」とね。

下校時に起きた地震で 不安な気持ちを拭い去れないのは 話を聞いてみると 学校の校庭に集められたこどもたち。
帰路についていて 通学路で遭遇したこどもたちは 泣きながら走って帰ったり、お友だちと抱きついて 揺れが収まるまで頑張っていたにせよ 週明けには元気に登校している子が多かった・・・。逆に 未だ学校に行けてないのは 「グラウンドの真ん中に集まりなさい!」と 鬼の形相の 大人たちをみたこどもたち・・・・。
揺れが 怖かったのではなく いつもと違う大人たちが怖かったに違いない。
そして そんな怖い大人にした「地震」を 怖いモノ・・という位置づけをしたのだろう・・・。

やはり 大人が 強くならねば・・・



| | コメント (0) | トラックバック (0)

被災地で頑張る皆様 東京も頑張ろう

Photo 3月15日の夕ごはん

十六穀米・とろろごはん
豆腐と小松菜のお吸い物
ゆで豚
ターサイと新筍 新玉葱の炒め物
栃尾あげ(ねぎ味噌はさみ)
ひぃちゃんばぁばのスナックエンドウ
いよかん


幸 我が家は 仕事の関係上、生鮮食料品が 市場直送に近い状態なので 未だ不自由はせず なんだか フツーの食生活。
大和芋は その粘りが パワーの源になる。インフルエンザなんて 吹っ飛ばして欲しいので
 真心希望の献立に・・・。

新筍とか スナックエンドウとか 旬の食材食べて 春さえも感じてます。

でも 野菜は育つし、美味しくなる。
それは自然の摂理。

植物として育てられた 農作物は 食べてあげてなんぼのもの。
工場で作る加工品と違い、農作物を作るのには日数がかかる。
地震が起こる もっともっと前から 種植をして 丹誠込めて育てて・・・
それを 食べる人がいないから 処分するなんて・・・・。 
インスタントラーメンなんて 食べている場合じゃない。
日本の北半分が 消費をできる状態じゃないんだから 消費できるところで してあげないと
一生懸命作っている 西半分まで おかしなコトになりかねない。

って。

愚痴ばかり言っていないで 前向きな話し。

実は 私の叔父も 仙台市内
で被災。
美容院をしているのだけど、幸に美容院のある場所は すでに電気と水道が復旧しているらしい・・・。
自分の家は めちゃくちゃで 片づけも手をつけてないらしいけど、
なにかしなくちゃ・・・ということで 今日から 営業しているらしい。

でも 状況からして できることは 男性の洗髪に限っているらしい。
実は ガスが復旧していないので お湯をIH調理器具で 沸かして使っているらしい。
女性の洗髪は 湯量が必要だからね。

水が復旧せずに お風呂にも入れず イライラしている人は 頭だけでもさっぱりして
気分を変えて 明日に向かって頑張って欲しい・・・。という気持ちで 格安で 対応しているらしい・・・。
そんな 叔父も 2日目の夜に プロパンガスで営業していたラーメン屋で すでにラーメンは売り切れていたのに 白いごはんとチャーシュー・餃子?をだしてもらって 温かいモノを食べて 元気が出たって・・・。
こんな風に 人から人へ 元気は伝わっていく・・・。
東京で 交通トラブルや 物不足にしょげていないで 楽しく・明るく 日々の生活を送っていたら、この元気はきっと 被災者の元に 届くんじゃないかなぁ。



頑張らねば・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今 なにができるか

本来ならば ブログの更新も ある意味電気の無駄使いなのかもしれないけど・・・。
でも このブログは娘の成長記録でもあり 将来 娘が母になったときに役立ててもらいたくてはじめた 言わば 娘への手紙みたいなのもの。
こういうときに 想いを残しておかなければ 平穏な生活になったときには すぐに忘れてしまう・・・。

東北関東大震災は 現代日本にとっては未曾有の事態・・・。
人生折り返しの私だって 初めての経験だし 被災者のコトを考えると 本当につらいですが・・

東京も相当揺れたし それぞれ少なからず 被害は出たと思う・・・。
でも 東京は ライフラインも 跡絶えていないし 停電だって あるとしても 事前に通達されていることで 準備はできる。
(災害時の情報は 「自分で取りにいくモノ」とどこかのコメンテーターが言ってました)
日々変わる 計画停電のグループ分けとか 時間帯とかも 本当に知りたいのであれば
HPをみるなり (朝方は 東京電力のHPも アクセスできます) ちゃんと 通達を読んで理解することが大事だと思います。

停電になって 一番困るのは 冷蔵庫だと思いますが 開閉の回数を減らしておけば
3時間程度なら 庫内温度は上がらず 生鮮食料品も悪くならずに済みます。
本当に保冷が必要なのは 鮮魚ですが もともと そんなモノは 使う家は少ないだろうし・・
(塩鮭や干物は室温でも 当日なら大丈夫だし・・・)
お肉は購入してきて すぐに処理してしまえば問題ないし・・。

こういうときに お料理教室でやった 塩豚・鶏ハム・鶏そぼろ 活躍させてください。
生肉より 保存がきくし 日持ちもします。
我が家はこれに加えて ゆで豚も作り 当分肉は いらない感じ。(上記3品は もともとのストックでありました)

電気炊飯器が使えなくなったとしても 土鍋ごはんの炊き方もやりましたよね。
土鍋でなくても できるだけ 厚みのある鍋(ル・クルーゼやピタ・クラフトなど)であれば 同じ要領で 炊けます。

2割り増しのお水を入れて、強火で沸騰させて とろ火に落として 2合なら8分、3合なら10分。火を止めてから 10分蒸らす。
鍋に使う フツーの土鍋でもできます。

それと 八百屋さんからの情報としては この時期 もともと 北日本からの 野菜の入荷は少ないので 野菜の入荷はフツーにありますとのこと。
工場が止まって困るのは 加工品ですからね。
普段 そこに頼っている人は 困るかもしれないけど 殊、東京の人は やっているよい機会。 出掛ける気分でもないし こどもがいれば TVをつけているのも いやな映像を繰り返し見ることになるし・・・ 時間はいつもよりあるはずだから  やっているのも一つだと思います。
こどもも あれだけ揺れたら 怖い想いをしているだろうから なにか 楽しいことをやって 気を紛らわせた方が よいしね。パンを作ってみるとか お料理を一緒にやるとか・・・
まあl 我が家は 当の娘が 寝込んでいて(よりによって こんな時に インフルエンザです)
そういうわけにも行かず・・・。

外出することもできず 買いだめに走っている人たちからは 蚊帳の外。
非常用の 備品も揃えられず どうするのかと 不安にもなるけど それはそれ。
なにかあったら これは もう 運命だとおもうしかない。 冷静にどうすればいいのかを判断できる 強い精神力を持つことのほうが 大事なんじゃないかな?

ヘンなチェーンメールに踊らせれて  よかれと思って他の人に伝えてさらに不安感を増長させる・・・人からもらった情報はまず他人に出すときは 自分で確かめてから伝えるくらいでいいんじゃないかと思う。

こういうときに 個人や企業の 本当の姿が見えてくる・・。
大企業の特権を使って 社員を被災地から引き上げさせる。
確かに 会社としては 必要なのかもしれないけど 元気な働き盛りの男性を被災地から引き上げさせることが ホントに正しいこと?
車両を確保できたら まず 弱者を安全な場所に避難させることが 特権のある人としてやるべきコトなんじゃないの?
手配されてノコノコと 帰京した 社員たちは 今の 東北の状況をみて どう思っているんだろう・・・。 
きれい事言ってるのかな?
自分が 被災したら どうするだろう??

マスコミの映像として 私たちが 見ることが出来る・・ということは 東京都連絡が取れて、援助してもらえる 状況にある人たち・・・

本当に大変なのは マスコミさえも 行き着くことができずに食糧も水もなく 寒さと戦っているであろう人たち・・・。
それを鑑みれば 今の東京のなんと幸せなことか!
もうちょっと 冷静になろう。

恐らく このことは 今のこどもたちにとっても 一生の記憶として残るコトになるだろうから
その時の母の姿も 一緒に記憶に止めることになるでしょう。
その記憶が 物欲に走り 奔走する姿でいたいのか 毅然とした頼もしい母でありたいのか・・・。 
私は 真心が一生 誇りに思える母でいたいと思う。

今 私たちにできることは できるだけ 節電をすること。
使っていない 電気製品のコンセントを抜く。
毎日取り替えている 洋服を2,3日に一回にして 洗濯機や乾燥機をまわす回数を減らす、
お風呂だって 毎日入らなくても死ぬわけでないし・・・。
暖房だって つけなくても セーターや フリースを着たら 寒さはしのげる。
ここには毛布も布団もたくさんあるんだし・・・。

家庭で節電したって どれほどのこと?
と 言っていた人がいたけど スイミーの話と一緒で 小さなモノが大勢集まると 大きなものにも対抗しうる力を持つ。

ちなみに 日本で出される生ゴミ。半分は家庭から出ている・・・。
レストランや宴会場から出ているゴミよりも 家庭からのゴミのほうが多い。
それと 電気も同じコトが言えませんか?
電車が 止まると 困る人はたくさん出る。
ただでさえ 北日本が壊滅的な状態で 工場の稼働もままならず これで関東の工場も動かなくなったら さらにひどい状況になる。
各家庭での節電は それぞれが ちょびっとずつ我慢すれば いいだけのこと・・・。

石原都知事が 「コンビニを24時間 営業する必要はない」って 言ってた。
日頃から コンビニを使わない私は コンビニ自体 このご時世で営業しているのはどうかと思う。「コンビニエンス」なんだから 今は 便利さを 求める時ではないんだから。

50年前 こんなに電気が普及する前にも 日本は 頑張ってきたのだから できないワケがない。

そぅ考えると 日々のコトを考えるよい機会なんだと 思いたい。

真心に今回の地震を説明するのに「 地球が勝手なコトをしている人間のことを怒っているんだよ」って説明してみた。
でも それは自分自身に向けた 言葉だったような気がする。

原発のことにしても あの発電所の恩恵を被っているのは間違いなく 都会に住む私たち。
資源が必要でない 原発は 東京湾に作ってもなんの 問題もないはずなのに なぜ 福島や 新潟に建つ?

「東電は発表したら 発表どおり 実施して欲しい」と 宣ったインタビューを受けた人。
インタビューを受けて 本心を言ってしまったのが 運が悪かったンだけど・・。
できるだけ ギリギリの所で 最小限の迷惑にすむように 対応している東電。
本当に 停電になったら なったで文句を言うんだろうね~。

こんな時だからこそ 前向きに生きましょう。
これを乗り越えたときに 誇れる自分でいましょう。

タミフル飲ませて 身動きできない危険地帯に敢えて トイレットペーパーを運んでくれた友人に感謝。
代わりに買い物に行って 届けてくれた友人に感謝。
家族の安否も 未確認なのに お野菜の配送をしてくれる 八百屋さんに(顔は見たことないけど) 頑張ろうねって。心から言いたい。

こんな時にレトルトばかり食べていると ミネラル不足と リンの過剰摂取で 余計イライラします。バランスの取れた食生活が 強い精神力を養います。

みんな 頑張りましょうね。

ちなみに・・・
我が家の昨日の夕食(3月14日の夕ごはん

Photo 干しエビと干し貝柱入りおかゆ
小松菜
手羽中のほぐし身
占地の甘辛煮
梅干し
玉昆布
いちごとキウイフルーツ(病気の時はビタミンCをたくさん摂りましょう)
(母は これに パクチーとイカの塩辛)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

塩豚しゃぶしゃぶ

Photo 3月10日の夕ごはん
塩豚のしゃぶしゃぶ(白菜・白葱・芹・占地・三つ葉・豆腐)
自家製ポン酢と 鬼おろし大根で・・

鯛のお刺身
新若布と蛍烏賊の酢味噌和え
蒟蒻炒り煮
卵雑炊
デコポン


これで最後の鍋かなぁ?
白菜もおそらくこれで 来冬まで見納めです。

今日は寒かったから・・・

と言い訳しつつ 今日も筍ご飯を見送った・・・。
いつになったら 食卓にのぼるのだろう・・・。

今週は やる気いっぱいのウィーク。
冷蔵庫にはスペアリブと アサリと 鶏ささみ・・・それに 鶏手羽中のお出汁をとったスープとお肉・・・。

どうやって使おうか・・・。
こういうときは 一日五食くらいだといいのに・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新筍とシラスと芹のピッツァ

Photo 3月9日の夕ごはん
グリーンピースのポタージュスープ
プチヴェール・菜の花などの春野菜のニース風サラダ
マルゲリータピッツァ
新筍とシラス・芹のピッツァ


筍ごはんのはずが・・・・。
なんだか 思い立ってしまい ピッツァ生地を練ってしまったので 急遽予定変更。
でもこれが怪我の功名というか タナボタというか・・・
美味に出合ってしまいました。

モッツェレラチーズの在庫が足りず どうしようかと思いつつ、予定で使うはずだった 筍も気になりつつ・・・いっそのこと のせてしまえ・・・と思って作ってみた ピッツァ。
これが フルーツトマトを使った マルゲリータよりもイケてました。

シラスの塩味と 筍の食感と 芹の風味と・・・
三位一体です。

真心もあっという間に3切れペロリ。
おまけにマルゲリータも2枚ペロリ・・・。

顔立ちも異国風だかなかな??
そういえば 日曜日のベネチアの特別番組、神妙な顔して真剣に見てたな・・・
(なぜベネチアが 水の都なのかの説明に苦労した母でした)

グリーンピースも ごはんに混ぜたり お料理に入れると あまり好まないのに(でも 食べます) ポタージュは 美味しいって。あっという間に完食。

筍ごはんはいつになるコトやら・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初筍入り パステルロールキャベツ

Photo 3月8日の夕ごはん
土鍋白米(しらすのせ)
初物 新筍入りロールキャベツ オーロラソース
芹・塩豚・長ネギの塩炒め
蒟蒻入り煮(3日連続だけど 食べたがる)
高野豆腐含め煮
新若布・しらす・鬼おろし大根の酢の物

パンナコッタ


昨日購入した 筍を一晩 米糠に浸しておいて 皮を剥きました。
姫皮とちょっと硬めのつけ根のところを コロコロにカットして
ロールキャベツの具にしました。
挽肉やら 新玉葱やら エノキダケやら 菜の花やら・・・
根性なしの ヤワヤワな食感の中で 一人主張しています。
あっさり鰹出汁で煮たので ソースは オーロラソースにしました。
普段と違う 味で真心も 満足。
「このキャベツ、柔らかいね~」って。
そりゃ 春キャベツだもん。 冬場のキャベツと違って巻きのゆるい軽いモノを選ばないと・・・。
ロールキャベツを7個作ったら 残りは真ん中のクシャクシャの所だけになってしまった・・・。

あと、5巻きあるけど・・・
あれだけ 「美味しい」って絶賛してくれたけど 明日は食べてくれないんだろうなぁ・・・。

あ。明日は 筍ごはんか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パステルな春色夕ごはん

Photo_3 3月7日の夕ごはん
鯛めし(鯛お刺身 胡麻ダレ せり)
菜の花のワンタンスープ
塩豚・菜花・新玉葱の塩炒め
春キャベツと蓮根・しらすの酢の物
蒟蒻炒り煮
白菜と大根の柚子漬け
文旦


明日のお料理教室の予行練習。
とっても季節な 献立です。
今日はとっても寒かったけど 土の中は 確実に春が近づいてきていて、熊本産の筍も思わず買ってしまった・・・。

こうしてみると 春の食材を使った献立は 心なしか色もパステルトーン。
やさしい色です。

菜の花は 先日TVでやっていたモノを作ってみました。
炒め物は やはり独特の苦みが残っていて こどもにはしんどそう・・。(真心は完食しましたが) でもワンタンは ほとんどというか 全くわからず、真心曰く「100コは食べられそう」って。
餃子もこの時期は 菜の花の葉っぱで作るってのも 一案かも・・・。
(まぁ にらも美味しい時期ですから 敢えて使わなくても・・・)

是非 お試しあれ・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

牛肉と白菜のチャイニーズ炒め~出不精のストック夕ごはん

Photo_2 3月6日のゆうごはん

ごはん(長芋納豆)
大根お味噌汁
白菜と葱・牛肉のチャイニーズ炒め
蒟蒻の炒り煮
フルーツトマト
オレンジ

ダラダラの日曜日。
家から一歩たりとも出掛けず ひたすら事務処理。

気がついたら 夕方だったので あり合わせでごはんを用意しようと思ったら・・・
あり合わせもほとんどなく、さすがの私も途方に暮れる・・・。

でもなんとか しました。
白菜は 咀嚼力強化のために 繊維に沿って 縦切り。
よく噛まないと食べられないので ダイエット効果もあり。

納豆は 1パックしかなかったので かさ増しに長芋をコロコロに切って投入。
これが よい食感で 美味しかった。

大根もそろそろおしまいですね~。白菜も然り。
食卓を彩るお野菜も 徐々に変わっていく 今日この頃にあって 昨日の献立は
さしずめ 「冬よさようならメニュー」ですね・・。

でも 今日は一転 真冬の気候。しかも 雪まで降ってる・・。
まだ 土鍋はしまえないね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人生初たこ焼き! 名付けて “ふわ焼き”

Photo_2 3月5日のお昼ごはん

たこ焼き??


一昨日届いた たこ焼き器。
真心のスケジュールどおり 作ってみました。
とは言え、初たこ焼き。
まずは 基本の材料で・・・・とは行かないのが我が家。
早速アレンジしちゃいました。

材料 

出汁                140cc
薄力粉           50グラム
卵              全卵 1コ
塩              少々
桜エビ(乾燥)       大さじ2
シュレッダーチーズ    大さじ2
青ネギ(刻んだもの    大さじ2


ポイントは 卵白をメレンゲにしてみました。
ホワッホワのたこ焼きの出来上がり。

最初は ソースで食べてみたけど 今ひとつ しっくり来ないので お出汁にみりんと薄口を少々。温めて 浸してみたら 桜エビの風味が効いてバッチリ!

いくらでも 食べられそうな あっさりふわ焼きが出来上がりました。

まずはこれがベース。
一度作ってみると いろいろアイデアは浮かんできました。

どんどん作るぞー。

a href="http://www.recipe-blog.jp/sp/mb/r110221a" target="_blank">レシピブログのキリン のどごし<生>たこ-1グランプリレシピコンテスト参加中です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇宙の学校の宿題

Photo 3月4日の夕ごはん
ほうれん草のラザニア
春キャベツとセロリのサラダ
生ハム・ピクルス
苺・りんご・バナナ・ココナッツのマフィン


延び延びになっていたラザニアの登場です。
一口食べて 「美味し!お母さん上手だねぇ」
って。 一応これでも 生業としていますが・・・・・。

「このほうれん草のパスタが真心は好きなのよ~」って。
また ハードルの高いこと・・・。
それって 伊勢丹のイタリア展で購入した 直輸入品なのよね。 普通に売っているの見たことないんだけど・・・。

「え。白いのと両方入っているの?やるねェ お母さん」
って。 単純に スピナッチパスタが足りなかっただけなんだけど・・・。

明日は 『宇宙の学校』 特別授業。
5回連続の最終回。1回目の時に出た 宿題の発表会。

やってなかったのよね~。
あわてて 前日にやって・・・。
いくつもある テーマの中から 興味あるモノを選ぶんだけど・・・・。
今さら時間もなくて 選択肢も少なくて・・・

結局 キッチンの窓辺で栽培していた 「せり」で 妥協。
こうして こどもはずる賢さを習得していくんだと 反省。

というのも 鍋の度に使っていた 芹。 根を切り落として 水栽培をしていました。
夏は暑すぎる大きな開口のキッチンゆえ 成長も早く・・・。
丁度 今日お昼に使った 切り落としたばかりのものと 数日前に栽培をはじめたもの、
そして すでに3回目の栽培が 完了して 大きく育ったものと 3種類の芹が置いてあって・・・。

本来ならば 毎日観察して 記録しなければならないモノが 一度に見られるってワケで・・・。
でも それじゃあ あまりにも安易すぎるから、一応課題提案。

幸にも(なんでこう ラッキーなんだ) 根三ツ葉が あったので 根三ツ葉の根っこも水栽培にしてみた。 で、 芹と三つ葉の葉っぱの差を確認させて、三つ葉はこのあと どうなるのかを予想させてみた・・・。
案外 楽しそうにやってました。


写真のラザニア、まさか二人で食べキレません。
残り物は すでに売約済み。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行事食は 誰が作る??

Photo_3 3月3日の夕ごはん
ごはん
水菜と葱と若布のスープ

黒毛和牛カルビの塩焼き
春キャベツと新玉葱のガーリック炒め
大豆煮
高野豆腐含め煮
隠元塩ゆで
ミルクパンナコッタ ラズベリーソース(自家製よ)


今日は楽しいひなまつり~・・・・ですが
諸事情により 我が家や 先月5回も ちらし鮨あるいは 海苔巻きを食べているので
(ハマグリのおつゆも 3回ほど・・・) もういいです。

男の子のいる家みたいな 食事になりました。(近いモノはあるが・・・)

昨日の給食も 「菜の花寿司」・・・・。
日本の伝統食を守ろうという 粋な計らいなのか 働いているお母さんたちが忙しくて作れないから・・・と 気を遣っているのか 学校の給食で 必ずといっていいくらい 行事食が出る。

前にも書いたかもしれないけど・・・
家で作る立場としては 困るんだよね~。かぶっちゃう。

ただでさえ どうやら栄養士さんと 思考回路が近いらしく 何の気なしに作っているメニューが 被っていること 多いのに・・・。

できれば 行事食の日は 給食とお弁当持参と 選べるようにして欲しい・・と思うのは私くらいかしら?? 栄養士さんに言ってみようかな??

おひなさまの ちらしなんてホントに各家庭の色が出る。
出身地によっても 違うし 酢飯の味付けだって ずいぶん個人差がある。
女の子だから お手伝いながら 我が家のちらしを受け継いで欲しいと思うのだけどね・・・。
連日の寿司責めは さすがに可哀相・・・・。

ちなみに我が家のちらしは ごはんの具に 人参・牛蒡・油揚げ・じゃこ(これは私の代から)が入り、すし飯は甘め。
トッピングは 下から順に 海苔・海老そぼろ・錦糸卵・蓮根・煮椎茸・おじいちゃんの大正海老・絹さや・紅ショウガ・・・となる。

これは母方の おばあちゃんも同じ。(かんぴょうも入るけど・・・)
トッピングののせるじゅんじょを 小さい頃はまちがえたりしたもんな~。
でも 小さい頃から食べているから 今でも 覚えてたりするのよね。

そんな風に 自然と受け継がれていくのが 家庭の味・・・のはずなんだけどね。

春キャベツ 美味しくなってきたよ。
我が家では 2日で ほぼ一玉完食です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

のどごし生で たこ焼き

Photo レシピブログのモニター募集で 当たりました。
「キリン のどごし生」とともに たこ焼き器が送られてきました。

実はこれだけ日々 お料理をしていながら たこ焼き処女・・・。
未経験です。

だからこそ 奇想天外なモノができそうな予感。
すでに 企画はいくつか・・・・。

でも思いつくのは たこ焼き・・・ではなく 仕上がりを丸くしたい料理の数々・・・。

うまくいくかなぁ??

真心は たこ焼き器を見て 興奮気味
「ねぇ 明日やる? 明後日やる?」って 今から たこ焼きを中心に向こう 3日ぐらいの献立をたててます。

ちなみに 昨夜の夕ごはんは

ごはん 
キャベツのお味噌汁
ル・クルーゼで作る 春野菜の水なしポトフ(じゃがいも・ベーコン・新玉葱・人参・セロリ・キャベツ・ローリエ)
タラいり湯豆腐(葱も入ってる)
高野豆腐と鶏団子の含め煮 隠元添え
大根と水菜のサラダ 新若布とカリカリじゃこのトッピング
たらこ人参
砂肝のガーリック焼き

桜餅(たねや)


画像なくてすみません。

レシピブログのキリン のどごし<生>たこ-1グランプリレシピコンテスト参加中です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は焼き鶏

Photo3月1日の夕ごはん

お赤飯(ここさんにもらったもの)
豆腐のお味噌汁

焼き鶏(正肉・えのきベーコン)
高野豆腐ととりつくねの煮物(隠元添え)
白花豆煮
ほうれん草と煮椎茸のおひたし
ニラ玉
                  マグロと独活・新若布の刺身風

冷蔵庫整理の日。

久々に真心パパ登場。
初フルマラソンを間近に控え ウエイトコントロール中につき、高タンパク低カロリーなメニュー。

といいつつ、真心はこれでギブアップだったけど、真心パパはデザートに 真心がおやつ用にデコレーションした 林檎とバナナのカップケーキと 桜餅 ペロッと平らげていたけど・・・
いいのかなぁ??



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »