« 大山鶏の土鍋炊き | トップページ | 家族の誉め言葉 »

蛍烏賊の下処理

Photo 1月18日の夕ごはん
納豆ごはん
和風おろしハンバーグ
人参のハチミツグラッセ
長ひじきとシラスのサラダ
蛍烏賊と若布の酢味噌かけ
ちぢみほうれん草と大根の鶏スープ


シンプルなごはんでした。
たまには?こんなごはんもよい。

ボチボチ 蛍烏賊の季節です。
これからの季節は 美味しいモノがいっぱい。
酒飲みには たまらない季節。
あんきもに 白子。
蛍烏賊に 牡蠣、白魚。 

ただひ、今日のは 解凍品。

ずいぶん前から 蛍烏賊の下処理は 真心の仕事。
目とくちばしとエンベラを骨抜きで取る作業。

昨日食べたときにも 「やったの?」とけげん顔。(日中にやりました)
今日は エンベラをこれ見よがしに口から出しつつ、不出来を咎める姑のような 渋い顔。

・・・・まったく・・・・。

ちゃんと 仕事をするって、小さなこどもを持つ親としては考えもの。
蛍烏賊好きの 6才ってのも そういる訳じゃないと思うけど、目とくちばしとエンベラを外さないと文句言う 6才ってのもねぇ。
イヤだったら 食べるな。


まぁ 真心の手先の器用さ さらに 前頭葉の発達は もやしのひげ取りと、蛍烏賊の下処理の賜だから 文句も言えないけどね・・・・。

|

« 大山鶏の土鍋炊き | トップページ | 家族の誉め言葉 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1027438/38524227

この記事へのトラックバック一覧です: 蛍烏賊の下処理:

« 大山鶏の土鍋炊き | トップページ | 家族の誉め言葉 »