« 新年会でした | トップページ | 蛍烏賊の下処理 »

大山鶏の土鍋炊き

1月17日の夕ごはん

丸鶏の土鍋炊き
子持昆布と菜花のおひたし
若布と蛍烏賊の酢味噌かけ
京芋饅頭(鶏肉・占地・玉葱)
苺のロールケーキ



バタバタで 画像なし。
出来が良いときは ナチュラルハイ状態で 作業が進行しているので 大概取り忘れる。
トホホ・・・。

丸鶏・・・・・あたまの先から 足の先まで 付いている まさに 丸ごとのニワトリ。
お肉屋さんから来たときは ホントにさっきまで起きてました・・・というより 今はお昼寝中です・・・て感じで。

見る人がみたら きっと 「ぎゃぁ」って言いそうな 映像だけど、真心は興味津々。
あのニワトリが 食卓に上がる時には どうなっているのか 気になって気になって仕方ないらしい。
昨夜も寝るときに 「くちばしって美味しいかな?」「目の回りって どんな味かな?」って。

本当はお客様にお出しする食材だけど 事情を話して 真心もちょっとだけ おこぼれをいただくことにしました。

干し貝柱や干しエビや 旨味成分いっぱいの乾物を入れて 内臓の代わりに もち米や根菜を詰めて・・・。
あとは コトコト土鍋で 弱火でじっくり・・・・。

塩味は ほんの少し。

軟骨はもうボロボロ。
骨の身離れもバツグン。

おまけにロールケーキの切り落としも両端とも真心の胃袋へ・・・・。

週初めから 大満足の夕ごはんでした。

|

« 新年会でした | トップページ | 蛍烏賊の下処理 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1027438/38511576

この記事へのトラックバック一覧です: 大山鶏の土鍋炊き:

« 新年会でした | トップページ | 蛍烏賊の下処理 »