« ひさびさの箱パン | トップページ | 自家製イクラ醤油漬け »

秋の気配と 天然ブリ

925_2 9月25日の夕ごはん

十六穀米 (納豆)
茄子と玉葱のお味噌汁
宮城県産 天然ブリの照り焼き
蓮根とエノキのベーコンスープ煮
南瓜と隠元の揚げ浸し
大根・パプリカ・水菜のサラダ
小田原蒲鉾


買い物に行ったら天然ブリが売っていました。
涼しくなったとはいえ まだまだ ブリの脂が乗るには早すぎ・・・。
脂は乗っていないけど その分お値段はリーズナブル。
3切れ ¥380。
岡山県産 養殖ブリの同じ値段だったけど、天然をチョイス。

本来成魚になるのに 2~3年はかかるのに 肉骨粉とか大豆カス(サラダオイルを抽出したあとのもの)とかをのべつまくなし 食べさせられて 半年で成長させられている 脂ギトギトのブリは食べたくない・・・。(昔 仕事で養殖場まで行きました)

脂が乗っていなければ 乗せればいいだけ。
小麦粉はたいて フライパンで焼きつけて あとから合わせ調味料を入れて煮詰める・・。

充分美味しくいただけました。

秋の食材が 猛暑のせいで 高値で推移していて 買いたいと思う(「買って」と言っている)
野菜がありません。

工場で作っている きのこは 24時間操業すればどんどん収穫できるので どこのスーパーマーケットでも 特売コーナーに陳列。
まぁ 秋だしいいか・・・・。

茄子も胡瓜も 結局大安売りにはならなかった この夏・・・。
秋・冬野菜も 見通し悪いなぁ・・・・。

秋刀魚は案の定 大漁の知らせがあちこちから聞こえてきています。
秋鮭もそろそろだわね・・・。

そう言えば 秋分の日のどしゃぶりの中で 掘った落花生も 半分以上空っぽだったなぁ。
猛暑で水が足りなくて そういうことになったとか・・・。

びしょぬれになりながらも 雨ニモマケズ 頑張ったのにな・・・。
残念・・・。

でも 全身びしょぬれ・寒さに凍えながら 落花生の枝を運びつつ、「農家の人たちは こんな日々を過ごしながら 頑張っているのよね。感謝しなくちゃ・・」と思ったのは わたしだけかしら??

|

« ひさびさの箱パン | トップページ | 自家製イクラ醤油漬け »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1027438/36923602

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の気配と 天然ブリ:

« ひさびさの箱パン | トップページ | 自家製イクラ醤油漬け »