« 空芯菜とエリンギのあっさりラーメン | トップページ | 幻の朝食 »

こどもと作る 焼売の効力

Photo_2 7月26日の夕ごはん

ごはん
冬瓜とニラのスープ
するめ烏賊刺身(すだちで)
真心手作り焼売
千切りレタス
枝豆・トマト(アイコ)
白瓜と胡瓜の塩昆布和え
ピーマンとじゃこのきんぴら

赤肉メロン


予定どおり 焼売でした。
ハンディミキサーはスライス肉を使ったら ミンチ具合がイマイチだったけど、まぁそれなりに楽しんで・・・・。
よく食べました。

Photo_3 真心が作る焼売は 彼女の手の大きさゆえに ホントに可愛い一口サイズ。
一口餃子ならぬ 一口焼売。

でも、まぁ 形で味が変わるわけでもなく、一生懸命作ったのだから よしとしないとね。

ミンチ料理は こどもの咀嚼力という意味では あまりオススメできないけど、たまに 一緒に料理するには 絶好の食材。

しかも 今日みたいに 「お肉」から ミンチにするところも見せていると 焼売がお肉料理だって事が 一目瞭然。

最近はソーセージはお肉じゃない・・・とおもっていたり、
お刺身はお魚じゃない・・・って思っているこどもが多いとか。

嘆かわしい現代食事情。

まぁ、お肉じゃないソーセージもいっぱいあるし、 ほとんどお肉の入っていないミートボールやハンバーグも市販されているからね・・・。

仕方ないか・・・。

|

« 空芯菜とエリンギのあっさりラーメン | トップページ | 幻の朝食 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1027438/35914452

この記事へのトラックバック一覧です: こどもと作る 焼売の効力:

« 空芯菜とエリンギのあっさりラーメン | トップページ | 幻の朝食 »