« 好きな料理ランキングの謎 | トップページ | 鶏出汁 美味しくできました »

寒い時期にピッタリの鰤アラ粕汁

Photo_3 1月18日の夕ごはん
メジマグロと天然ぶりのづけ・
茎若布丼
茹でキャベツの酢の物(昨日のサラダのアレンジ)
公魚のフリッター
鰤あらの粕汁
葛寄せ大納言


なにやら 銀座辺りの夜はそこそこの値段とる 割烹のランチメニューのような 夕ごはんですが・・・・。

まさしく その通りで、今日はお昼はお稽古の方たちがいやっしゃっていたので そのお裾分け。

酒粕をいただいたので 粕汁なんぞも作ってみました。
真心は初めてなので どうかなぁ・・と心配でしたが、あっけなくクリア。
ゴクゴクと飲み干していました。

酒粕もおから同様、今や“産業廃棄物”寸前な感じ。
でも、結構使えるんだけどね。

この寒い時期には 体の芯から温まってよいですよね。
おまけに 具となる鰤のアラも魚屋さんへ行くと かなりリーズナブルな価格で販売していたりして・・・。

でも、「養殖ブリ」はいただけません。
だって 大豆のカスとか ましてや肉骨粉とか食べているお魚ってどう思います?

本来成長するのに 数年かかるはずのモノを そんま怪しげなモノを食べさせて、短期間でメタボに育て上げ・・・。

十数年前に仕事で瀬戸内海某所の 養殖場に見学に行って以来、養殖ブリを食べると
泳ぎながら 『モゥー』って啼いているブリを想像してしまうので どうも・・・・。

そんなこと言い出すと 恐らく日本に流通しているモノはほとんど食べられなくなりそうだけど・・・
まぁ たまたま目撃してしまったが故で・・・。

話し戻して 養殖のブリのアラは 油ばっかりギトギトで 出汁は出ません。
なので 天然のブリのアラを使いましょう。

Photo_4 1月18日のお弁当
ごはん(玉昆布)
豚肉の照り焼き
きんぴらゴボウ
薩摩芋のレモン煮
        スナックエンドウ・プチトマト
        いちご

|

« 好きな料理ランキングの謎 | トップページ | 鶏出汁 美味しくできました »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1027438/33037162

この記事へのトラックバック一覧です: 寒い時期にピッタリの鰤アラ粕汁:

« 好きな料理ランキングの謎 | トップページ | 鶏出汁 美味しくできました »