« 親戚って どのへんまで? | トップページ | 噂の焼きカレー »

嗚呼!大事な炊飯用土鍋が・・・

Photo 5月26日のお弁当
自家製箱パン(ベーコン・コーン・チーズ)
サラダ(ブロッコリー・スナックエンドウ・キュウリ・プチトマト)
ウインナー
バナナ


久しぶりに箱パンつくりました。
巷では 小学校の運動会シーズン。 ママ達は お弁当のネタ話しで盛り上がり。
そういえば・・・と思いだして 忘れないうちに復習。

今日は 結構ハードな一日。
午前中は幼稚園の参観。
体操・・・とお絵描き。

幼児体操のオーソリティーである 『体操のおじさん』(かつてはお兄さん??)による、
知らず知らずのうちに 体を鍛えているという楽しいプログラムを こどもたちは大汗で
なおかつ 満面笑顔で堪能。
「トトロ」の歌に合わせて 足踏みの間に ゴキブリとカラスの奇襲に遭うという設定。
ジャンプしたり しゃがんだり・・・大人には真似できません。

体を充分に動かした後は 「お絵描き」
これが また 難しい。 お話を聞きながら想像して描いていくというもの。
お話は昔話の「桃太郎」 どんぶらこ どんぶらこ・・・のアレ。

こどもたちの大半が 出だしの“川上から桃が・・・”シーンを描きだして・・・。
後から後から クライマックスがやってきて 途中から混乱してくる子も。

桃が流れている川の上に鬼がいたり、ワケわかんなくなって いつもどおりの女の子とチョウチョの絵になっちゃったり。

月齢の高い、しっかり者達は 先生の『二度読むからね』を ちゃあんと聞いていて、一回目は黙って聞いていて、2回目から描きだしているのは さすが。

真心はまわりが描いているのであわてて川の水を描きだしたものの、途中から 予定変更、
鬼(しかも典型的な 二本角の赤鬼と 一本角の青鬼ーストーリーが違うだろーが!)と桃太郎とサルとキジ・・。
なんかとっても平凡な絵。 突拍子ないワケでもなく、かといって 不足が有るわけでもなく・・・。

面白くないなぁ・・・。

にしても 大人にとっても難しいこのお絵描き。
お絵描き教室の先生曰く 「お受験みたい」って。
あれ?? そんな幼稚園じゃなかったはずなんだけど・・・・。

描かされたら 勘弁だけど 見学の立場としては 面白い時間でした。

午後は 仕事がらみで 某大企業の元執行役員と打合せ。
いつも思うけど 大手の会社のお偉いさんって みんな そんな感じが全くない。
気さくなおじちゃん。
しかも とても 何千人、何万人の部下を持っているとは思えない・・・。
どうしてだろ。
そこが 一般人との差なのかな・・・?

Photo_2
5月26日の夕ごはん
ごはん 
アサリとレタスのスープ(ごはんを入れて雑炊にしました)
卵豆腐
牛肉のバター醤油焼き
         エリンギと長ネギのソテー
         さつまいものレモン煮
         じゃがいも入り薩摩揚げ


冷蔵庫のごはんだったので、雑炊にしてみました。

食後、事件が・・・・。
流しの下に入っていた炊飯用の土鍋が ふざけていた真心の不注意で床に落下。
縁が欠け落ちてしまいました。
事の重大さに気づいた真心。
即。「ごめんなさい」

って。
フツー許すよね。
そう、許してもよかったのだけど・・・・ お灸を据えてしまいました。

わざと大袈裟に騒いで・・・
「ごめんなさいでは すまないこともあるよ」と・・・。
縁が欠けただけなので 恐らく問題はないけど(しばらくは・・・)
これが とっても高価な焼き物だったり 他の人の物だったりしたら・・・・ましてや大切なかけがえのない宝物だったりすることが今後 どんなときにあるやもしれぬ・・・。
そんなときに 「謝ったのに・・・」なんて 開き直られたら嘆かわしい・・・。

「壊れちゃったから 明日からごはんが炊けないねぇ・・・」って。
・・・・で。
しばらく我が家では 白米なしの生活。
どうなるかな・・・・

でも・・・
織部の土鍋・・・・。ふぅ・・・・。
せっかく 土鍋の炊き加減をマスターしたところだったので 正直悲しい・・・。
とほほ・・・・。

|

« 親戚って どのへんまで? | トップページ | 噂の焼きカレー »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1027438/29844672

この記事へのトラックバック一覧です: 嗚呼!大事な炊飯用土鍋が・・・:

« 親戚って どのへんまで? | トップページ | 噂の焼きカレー »