« 「見切り品」を買おう | トップページ | アジアングローバル??な夕食 »

『濱田家』の豆パンと筍入りシュウマイ

Photo 4月14日の夕ごはん
ごはん
筍入りしゅうまい キャベツ千切り
筍と里芋の煮物
きのこと蓮根と長ひじきのマリネ
もやしとニラのおひたし
『ちもと』の八雲もち
  


今日はケンケンをちょっとの間お預かりだったので、3人でシュウマイを作りました。
先日の筍・・・無理して下茹でした当日に茹で汁からあげてしまったので、やはり、ちょっとえぐぐかったので、根本の部分を3ミリ角ぐらいにカットして、シュウマイに入れてしまいました。

食感の少ない挽肉料理の中でいい味出してくれました。

シュウマイ・・・というより 挽肉料理を美味しく作るコツは 挽肉をよく練ること。
ハンバーグにしろ、餃子にしろ然り。
挽肉と調味料だけの段階で 白っぽくなるまで練る。
練ることで 肉どうしが繋がり、他の野菜の旨味やジューシーさのもとになる水分や脂分を外に出にくくします。
まずはひたすら よく練る。 ・・・・です。

こどもたちは生肉の感触が『きもイイ』らしく はしゃぎながら 手伝ってくれました。
当たり前のようにしているシュウマイ作りもこどもたちにとっては、かなり頭をつかう・・・というか工夫の必要な手作業です。

シュウマイの皮を破かずに、うまい具合に餡を押し込める・・・。
油断すると 両手の力のいれ具合を間違えて、皮を破いてしまったり、うまく皮と餡が密着しなかったり・・・。
試行錯誤して、最初は少量の餡を皮に乗せて形を作ってから追加の餡を押し込める・・という方法がやりやすいことに気がついて 無事10コずつのシュウマイを完成。

Photo_3 揚げ物と違って蒸し物は多少形が悪くても はみ出していたって 調理行程に問題ないから、ご愛敬。

ケンケンも自分で作ったぶんは 夕ごはんのおかずにお持ち帰り。
その代わりに? お預かりのお礼に 大好きな『ちもと』の「八雲もち」をいただきました。

うふふ・・・。

真心はお粉でぱふぱふの口にしながら、
「これ、食べたことあるよ」って。
そうそう、このあいだ食べた 『箱根ちもと』の「湯もち」の食感と同じだものね。



Photo_2 前々から気になっていた パンやさん『濱田家』に行ってきました。

マスコミでも有名だけど、食べることが好きなママ達にも有名な『豆パン』

美味しいです・・・。

感動なのは 黒豆の柔らかさ・・・
甘く煮てあるのに煮くずれせず、見た目はブドウパンなのに・・・
食べるとパン生地とよく馴染んで あんパンになります・・・。

和党の真心も 大好物たらこスパゲティの後にペロッと1/2コをたいらげた・・・。

しばらくはまりそうな気配。




|

« 「見切り品」を買おう | トップページ | アジアングローバル??な夕食 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1027438/29123661

この記事へのトラックバック一覧です: 『濱田家』の豆パンと筍入りシュウマイ:

« 「見切り品」を買おう | トップページ | アジアングローバル??な夕食 »