« 実演販売の魅力 | トップページ | 「梅林」の原点 »

給食フォーラムに参加しました

Photo_5 3月7日の夕食(原宿ばぁばの家)
ごはん
ほうれん草と大根のお味噌汁
牛肉ソテー・長ネギのバターソテー
厚揚げの網焼き
いわしの丸干し
カリフラワーのチーズ焼き
ナムル(ほうれん草・豆もやし・ぜんまい)


終日真心は お預かり。
恐らく DS パソコン三昧だったのでしょう・・・。
ばぁばを説得して 『キティちゃん人生ゲーム』をやったそうだけど・・・。
ルールをばぁばに理解してもらえなくて キレていたらしい・・・。
「犬棒かるた」「オセロゲーム」の古典的なゲームはばぁばも理解してくれるけどねぇ。

母はというと、東京農大で開催された 「給食フォーラム」に参加してきました。

気になることいっぱい・・・。

でもどうやら 最近のブームは
『学校農園』
『米飯給食』
『地域伝統食の継承』 の3点らしい。

給食の現場と 家庭は相当距離があるらしくて・・・。

「早寝 早起き 朝ごはん」を提唱しても 食べてくるのはパンのみ。
それでも 欠食よりはと 各学校の栄養教諭は目をつぶる。
「給食費を支払っているのだから 『いただきます』は言わせるな」と トンチンカンな事を言い出すPTAを見限って こどもに食の大切さと説いているらしい・・・。

給食の残飯を丁寧に集めて 畜産の飼料にして それを食べて育った 銘柄豚を給食に利用する・・・。それを知ったこどもたちは「美味しい、美味しい」と言って 食べて 各家庭で
いかにその豚肉が美味しかったかを 報告する。

じゃあ 果たして 通常の豚肉の倍近い価格のするモノを 超多忙で家庭の食を中食産業に委ねている母たちがスーパーで購入するだろうか・・・?

豚の美味しさは 脂身にある。
ほとんどの銘柄豚は 脂身の甘みを他のそれを差別化する一番の要素としている。
体型を気にして 生姜焼きの脂身を全部取り除いて残しているママたちに果たして その美味しさがわかるのだろうか・・・?

食物自給率を上げるために 国民が毎日あと一口ずつごはんを食べると1%自給率は上がるらしいけど・・・。
その一環として 米飯給食は注目されているけど、人気のあるのはビビンパやキムチ炒飯などの味つき一皿メニュー。それにそういう日は 箸ではなくて スプーンで食べる・・・。

江戸末期に精白米を食べる習慣が一般化してから ひたすら 白いピカピカに光る美味しいお米を作ることに命掛てきた 日本のお百姓さんたち。
今の給食事情を知ったら 嘆き悲しむだろうなぁ。
そんなメニューなら 分搗き米のほうが 栄養価も残っているしパラパラで美味しい気がするけど・・・。

「米糠」を加工して きなこのようにして食べ物に入れる事を考えるより、各給食センターに
精米機を入れて メニューに合わせて 精米率を変えた方がいいんじゃないかと思うのは
偏った考え方の私だけ???

そんな 私の憂鬱を知ってか知らずか 夕食のメニューは丸干しとナムル・・・。
中立の立場・・・というより どっちつかず。

でも 丸干しに白飯。
美味しいなぁ。

|

« 実演販売の魅力 | トップページ | 「梅林」の原点 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1027438/28549487

この記事へのトラックバック一覧です: 給食フォーラムに参加しました:

« 実演販売の魅力 | トップページ | 「梅林」の原点 »