« おのぼりさん | トップページ | ダイエー格安品のその後 »

地方の美味を東京でいただき!

どうもパソコンとの相性が悪く・・・(てことにしておいて)
せっかくUPした ブログが消えちゃった!

てことで 早回し・・・(ね。アナログでしょ)

土曜日の話し。

新橋に戻ってきて 香川県と愛媛県が共同で出店している 今どき流行の『アンテナショップ』 「せとうち旬彩館」へ。

この「アンテナショップ」のよさは 地方の本当の味が入手できること。
流通が発達した昨今、日本全国の特産品が東京では手にはいるけど・・・・インターネットで購入するには 量が多いし(口に合わなかったら最悪でしょ)、百貨店や 近所のスーパーにも かなり出回っているけど、全国に販路を持っているメーカーは そりゃ地元では大手。
生産数も全国展開となると 半端じゃないから機械化をすすめていたり、はては 全国で売れないといけないから 味も全国展開だったりする・・・。

その点 この「アンテナショップ」は 地元の小さな商店の商品も入手出来たりする。

今回購入したのは 以下の4品。理由も一緒に・・・・・。

「日の出製麺所 生さぬきうどん」
香川と言えば さぬきうどん。でも 小麦の生産量が極端に低い日本。『純香川産のさぬきうどん』を夢見て開発されたその名も「さぬきの夢2000」という 香川産小麦を使用したうどん。 あくまで さぬきうどんに最も適した小麦を開発したとか・・・。
食べてみたくなるでしょ。

「じゃこ天」
愛媛・宇和島の特産品。最近はかなり有名になったけど、「じゃこ天」の名前の由来は「雑魚(ざこ)天」と言われるくらい、しかも発売された頃は 蒲鉾に使う 生身の不要部分から作っていて 蒲鉾のように蒸しただけでは食べられなかったから揚げた・・・と言う話しもあるくらい エコな代物。いろんなメーカーのものが あったけど 一応 名前にもある「ホタルじゃこ」
(「蛍雑魚」と書きます。スズキの一種です)100%使用のモノを購入。

「小豆島の オリーブ新漬け」
ご存知香川・小豆島は 日本の地中海と言われる場所。温暖な気候を利用して オリーブの栽培とそうめんの製造が有名。その中でも とれたてのオリーブを塩水に漬けただけ・・というシンプルなもの。ほのかな甘みと やさしい香りは 本家本元のオリーブにはない 日本のオリーブ独特のもの。お酒の種類を問わず 肴にぴったり。
賞味期限が5月という 期間限定ものは 必須。(とっても美味しかったので 買いだめを検討中)

「三谷精糖  和三盆糖」
ご存知でしょうか?日本古来の製法を維持し いまだに手作業で作られているお砂糖があることを・・。原料である サトウキビが温暖なこの地で栽培されていたので 香川・徳島に数件しか残っていないという 製造業者・・・・。貴重ですよね。
いわゆる上白糖よりも ミネラル豊富、粉砂糖のような キメの細かさ 柔らかな甘み。
上等な干菓子はこの和三盆を型に入れて固めるとか・・・・。
東京で購入できるのは 最上級品なので 相当エグゼクティブですが リーズナブルなものがあったので お試し用に購入。

うんちく言ってると それぞれに3日くらいかかりそうなので この辺で。

Photo_2 で、夕食は2階の レストランで特産品オンパレード。
真心は 「ピカピカで ツルツル」のさぬきザルうどんを ペロッとたいらげ(その前にも
小エビの唐揚げとか、 お刺身とか 地鶏のオリーブ炒めとか食べてたけど・・・)
満足げ。

8時就寝を目指して 早帰り。

|

« おのぼりさん | トップページ | ダイエー格安品のその後 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1027438/27301283

この記事へのトラックバック一覧です: 地方の美味を東京でいただき!:

« おのぼりさん | トップページ | ダイエー格安品のその後 »