« いくら醤油漬け | トップページ | あくまで個人記録用です »

こどもの力

今日は水曜日なので お弁当はなし。
とってもあったかなので 当然のように碑文谷公園へ。
さすがに師走。ママたちはなにかと忙しいのか、
いつものメンバーがいなくて チョット寂しい・・・・と思っていたら あとから来た来た。

今日はひぃちゃんもお預かり。
午前中に目黒まで買い物に出たので 『神戸屋キッチン』で 「コロッケサンド」と「黒豚メンチカツサンド」「フルーツサンド」を購入。お店で半分にカットしてもらい、こども達の食べやすいようにしていただきました。

「ちゃんと食べられたら フルーツサンドね」
と約束したら・・・・あら、まぁ。ふたりとも完食。
知っている人は知っている あのコロッケサンドです。大きいですよね。
フルーツサンドに釣られたか、それとも隣の誰かさんには負けられなかったか・・・。
どちらかがギブアップすることを見越して 私の分は少ししか購入しなかったので 大誤算。

でも、まあ 嬉しい誤算だからいいか。

今日はホントにポカポカで、上着も要らない。
こども達はかけっこ、たこ揚げ、木登り、縄跳び、シャボン玉と 思い思い。
手のかからなくなったこと・・・。
鬼ごっこの鬼決めも自分たちのルールでじゃんけん(あとで聞いたら 『勝った人がオニ』だったよう・・)していました。
ともすると この年齢、見よう見まねで行動するので なかなか決まらない・・・なんて事は日常茶飯事なんですけどね。(カッコだけで 理論がわかってなかったりするから・・・)

その典型が もうすこし低年齢ーちょうど幼稚園入園の頃に見られる『順番』
集団生活が始まって まずぶつかる難題です。
手を洗うとき、ブランコに乗りたいとき、限られた数のモノをそれ以上のこどもたちで共有することになるとき、どうしたって 「並んで待つ」という行為が起こります。
そんなとき よく見るのが 『じゅんばん、じゅんばん』と言いつつ、割り込むこども。
でも、決してずる賢いのでははく、要するに理解できていない。
『じゅんばん』って よく大人たちが使うから ことばは使ってみるものの、どういうことなのかは 全くわかっていない。よくわからないけど、このことばを連呼していると「へぇ、○○ちゃん、順番わかるの。すごいねぇ」なんて 誉められちゃったりもして・・・。

でも、決してお母さん割り込みを怒ったりしないで。
そのうちに 理解している他のこどもたちに 必ず押し出されるから。「おまえ、後ろ並べよ」
とか言われて どつかれて、初めて『じゅんばん』の意味が 「ああ、」このことだったのか!」
と 頭の中で電気がピカッとつくから。
そうやってひとつひとつこどもたちは 集団生活のルールを学んでいく。
これは決してひとりだけでは獲得し得ない知恵。だから、幼稚園ってあるのよね。
そして 幼稚園が文部省の管轄だってこと。(ちなみに保育園は厚生省です)

次に年中になると 「おともだち」の意識が芽生える。このパワーたるやものすごい。
それまでは他なんて見えてない。先生や お母さんやそんな 守ってくれる人は眼中に入ってくるけど、それ以外は透明人間・・・いや 人間とも認識してないかも・・。
おもちゃを持って行ってしまう 他の生物、言うことを聞いてくれない生物、挙げ句に自分の進行方向を妨げているから 邪魔だから蹴飛ばしちゃえーくらいの存在。
ところが いつしか これもスイッチが入るのよね。「○○ちゃんと一緒」「○○ちゃんには負けたくない」「○○ちゃんはイヤだ」ってな具合に。

そこで もう一つ。

我が子が「○○ちゃんはイヤだ」って言い出したら 決して「そんなこと言わないで みんなと仲良くしなさい」なんて 言わないで。ナンセンス。それは 他が見えてきた証拠。「イヤ」と思うにはそれ相応の理由があるはず。ちゃんと理由を聞いてあげてください。
いえいえ、「だってね・・・」なんて 自分で理由が言えたら とっても素晴らしい!
大抵はよくわかんないけどイヤなんだから、そういうときは我が子と○○ちゃんの関係をよく観察して下さい。きっとなにかが見えてくるはず・・。

・・・・真心はさらにその先に突入です。
日曜日に小学生のだいちゃんに「今度までに縄跳び10回な!」って別れ際に言われて以来、あんなに出来なかった縄跳びを猛特訓。幼稚園でも、帰宅しても、今日も公園に縄跳び持参。ひたすら練習。
そして、約束の10回。跳べるようになりました!
すごい!
なにがって、この「おともだちとの約束」。
日曜日には1回跳べるかどうかで リズムめちゃくちゃ、手足バラバラ・・・一生縄跳びなんて出来ないんじゃないかと言うくらいだったのに・・・。
おまけに 縄跳びが出来るようになって あらゆる事に自信がついたらしく、何をするにもまぁスムーズ。
昨日までの真心とは別人になってしまいました。
あまりのうれしさに 家の中でも どこでも跳ねてますけど・・。

今まで何回縄跳びの練習に付き合ってきたことか・・・。
その度に 出来ないもどかしさにイライラが募り お互い不愉快になり・・・
それが たったの一言、しかも 別れ際になにげに言った一言・・。
あーあ。大人なんていかに非力か・・・。

ニコニコ顔で「今日もいくら 食べていい?」・・・・・負けました。

1210 今日の夕ごはん(12月10日)
ごはん(いくらのせ)
カマスのひらき塩焼き
おでんの残り(大根・里芋・玉こんにゃく)
白菜とほうれん草・長芋のポン酢和え
         スナッピー
         豆腐と青ネギの清まし汁
         いちご

いくらの醤油漬けの作り方
すじこはお風呂ぐらいの温度のぬるま湯につけ、そうっとスジからいくらを剥がしていく。パラパラになったら 何度も水を取り替えて ゴミや破けてしまった皮や スジの残りをとっていく。さけ2:みりん1:醤油2の割合の漬け汁を作り 電子レンジでチンしてアルコールを飛ばす(やりすぎに注意)。漬け汁にいくらを漬ける。


最初のお湯の温度さえ気をつければあとはやさしく扱えば簡単です。温度もお風呂ぐらいなので、お湯を沸かして 水を入れて調節すれば問題なし。
ちなみに 今年は鮭が不漁なので高騰しているいくら。市販のモノグラム1200円は下らない。でも、今回購入してきたのはグラム358円。安かろう・・・で買ってみたけどこれが意外とイケました。 この値段なら 毎日10グラムくらいなら 食べさせてもいいでしょ。

ランキング参加してます。
ポチッとお願いします。

にほんブログ村 料理ブログへ

にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ

|

« いくら醤油漬け | トップページ | あくまで個人記録用です »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1027438/26085753

この記事へのトラックバック一覧です: こどもの力:

« いくら醤油漬け | トップページ | あくまで個人記録用です »