« 亜鉛・リンの不足が多い現代人 | トップページ | ぬか漬けって素晴らしい! »

リンとカルシウムの関係

13 今日のお弁当(11月13日)
ごはん(ふりかけ)
鶏肉とサツマイモのグリル
ほうれん草のじゃこ和え
たらこ人参
         大根の煮物


今日も100スキ利用です。

寒くなってきて 朝の着替えも一苦労になってきました。寒いんだからさっさと着替えてしまえばいいのに・・・と思うのは 大人の発想。真心は(他のこどももたぶん一緒)「寒ーい」と言って パジャマを脱いだ状態でジタバタしています。・・・・困ったもんだゎ。

さて、さて お約束どおり 前回の続き・・・。

『亜鉛』を摂取して 冬を乗り切ろうと言うお話をしましたが、ミネラルというのはいろいろなミネラルが作用しあって 体の中でうまく働いています。単一のミネラルをたくさんとったからってそれでいいというワケではありません。

「骨を強くするためにカルシウムをいっぱいとるといい」ということばを信じて 毎日牛乳を1リットル飲んでいたにもかかわらず カルシウム不足になった少年がいるそうです。

というのも体内でカルシウムは『リン』と結びついて骨や歯を作る成分になっています。
そう、リンが大切なのです。

でも、じゃあ リンが不足しているかと言うと そうではなく 現代日本の食生活ではほとんど不足することはないようです。
逆に過剰摂取が 骨密度の低下や 骨粗鬆症を招いているようです。
リンを摂りすぎると カルシウムの吸収率がわるくなります。(骨が弱くなる)

何事もバランスが大事です。カルシウムとリンの比率は1:1が理想です。
本来バランスのよいはずの 穀類は精製されることが多く 多くのリンが奪われています。
そしてこのリンもまた、加工食品に多く含まれています。
特に清涼飲料水の酸味料、練り製品、チーズなどの安定剤、野菜加工食品の変色防止剤(デパ地下のサラダが翌日まで変色しないのはこの液体に一度つけているからです)などに多く含まれています。
なので 亜鉛同様 加工食品やスナック菓子・清涼飲料水を多く食べている人は 余計にカルシウムを摂らないといけない・・と言うこと。乳製品や魚・野菜が好きじゃない人は できるだけ加工食品を摂らない生活をしないと どんどん自分の骨を弱くすることになります。

ちなみに次のチェックをしてみてください。

1.食事は外食が多い。
2.インスタント食品やファストフードが好き。
3.濃い味付けが好き 塩分多め
4.甘いものが好き
5.スナック菓子を毎日食べる
6.偏食。野菜・魚・肉・乳製品の中に 苦手なモノが多い。
7.運動が嫌い
8.あまりお日様の下にはでない

三つ以上当てはまる方は 意識的にカルシウムを多めに摂るようにしてください。
例えば フライドポテトのリンとカルシウムのバランスは12:1、冷凍食品のミートボールの比率は8:1(何れも100グラム中)。これを補うためには 大量の昆布とかひじきを食べなくてはなりません。

ちなみに項目の⑧は ビタミンDの合成に関わることです。
効率よくリンとカルシウムを吸収するには ビタミンDも必要です。

てな具合に ありとあらゆる栄養素、ミネラルが関わって私たちの体内で働いています。
どれが欠けても うまく作用しなくなります。
だから、バランスの取れた食生活 程度な運動、規則正しい生活が大事と言われています。

そういわれると なんだか面倒に感じてしまうけど、虫歯になりたくなかったり、風邪を引きたくなかったり せっかく無理して食べたあんまりお好みじゃない食べ物を有効に使うためと・・・思えば 頑張れません??

さらに・・・季節の食品を美味しくいただくことで このバランスは大概 クリアします。
動物的感覚ですね。生きていくために身につけた先人の知恵です。

ランキング参加中です。
ポチッとお願いします。

にほんブログ村 料理ブログへ

|

« 亜鉛・リンの不足が多い現代人 | トップページ | ぬか漬けって素晴らしい! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1027438/25286706

この記事へのトラックバック一覧です: リンとカルシウムの関係:

« 亜鉛・リンの不足が多い現代人 | トップページ | ぬか漬けって素晴らしい! »