« お弁当をお残し アメと鞭 | トップページ | あしたはイタリアン食事会 »

イチゴの季節到来!

Photo 今季と言えばいいのでしょうか?
久しぶりにイチゴを購入しました。

フードマイレージとか、季節感を大事にとか 日々うるさいことを言っている割に、こんな時期にイチゴを買うなんて!とお思いの方もいらっしゃるでしょうが・・・。

そうです。
自然界では 『イチゴ』の旬は 夏です。
秋のまだ温かい時期に 花芽ができますが 成長できなくなる気温より下がると 軽く冬眠生活に入るイチゴ。春になって目を覚ますと花を咲かせ、初夏に結実するというもの。

ところが 初夏に取れた イチゴは完熟であるがために 不都合が生じます。もともと柔らかい肉質でチョット触っただけで痛んでしまうイチゴ。店頭に並ぶまでに、集荷場・移動・市場・移動・店頭と何度も移動を必要とするので それまでにあちこちにぶつかり痛んでしまうのです。流通が発達するに連れ、本来の旬のイチゴは どんどん敬遠されるようになりました。

それと、高度経済成長以来 イチゴの需要の最も大きいのは 『クリスマスシーズン』である12月であるがために 血のにじむような努力の開発?の結果、イチゴの収穫時期は11月から6月までという 長いものになりました。
そう、今は ハウスもののイチゴの『走り』なのです。
「西瓜はもとなりが美味しい」ように、シーズン最初のいちごは とっても美味しいに決まっています。他のどの粒よりも生命力があってたくましいイチゴが『走りのイチゴ』になっているはずです。
全国各地のイチゴ農園は 12月の最も卸値が高くなる時期に合わせてイチゴを栽培しています。出荷量も増えますが 需要も増えるので12月のイチゴは目が飛び出るほど高額です。それに引き替え 11月は 「えー??今の時期にイチゴ?」と敬遠する人も多いので
比較的安価で美味しいイチゴを入手することができます。むふふ・・・。

そして さらに朗報。今年は 苗の時期だった秋に好天が続いていたので 出来もよいらしいので、20日以降はますます 出荷量も増え、リーズナブルになるかも??

イチゴはビタミンCが とっても豊富な果物(種類上はバラ科、分類上は厳密には樹木ではないので 果物ではなく野菜になります)一粒で レモン1/2個分が含まれます。学説上はビタミンCをみかん25個分摂れば 風邪は治ると言われていますが、たった5粒のイチゴで同じ量のビタミンCが摂取出来ます。
おまけに今話題の「キシリトール」もいっぱい含まれているので、風邪で食欲のなくなったこどもにはうってつけですね。
そういう意味でもこの時期にイチゴを食すというのは 理にかなってますね。(かなり こじつけ・・・単に好きなんですが・・・)
生後1ヶ月で イチゴの果汁原液を ちゅぱちゅぱと音をたてて美味しそうに飲んだ真心。
(絶対に真似しないように。じーさんの爺バカです。)
イチゴ狩りでアイベリーを30個以上食べて 農家のおじさんを驚かせた私の娘だけ会あって
いまだに大のイチゴ好きです。

果物って 結構いい値段するので、買うのに躊躇しますが イチゴは迷いません。

シーズン到来! たくさん食べようね!

ランキング参加中です。
ポチッとお願いします。

にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へにほんブログ村 料理ブログへ

|

« お弁当をお残し アメと鞭 | トップページ | あしたはイタリアン食事会 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1027438/25487835

この記事へのトラックバック一覧です: イチゴの季節到来!:

« お弁当をお残し アメと鞭 | トップページ | あしたはイタリアン食事会 »