« オーバカナルのパンで朝食 | トップページ | 遅い夏休(インターコンチネンタルヨコハマグランド) »

お魚好きな真心

825 今日の夕ごはん(8月25日)
ごはん(夕霧)
ジャガイモと玉葱の味噌汁
アジの開き(熱海 山六)
もやしと牛肉と茄子の炒め物
人参グラッセ
ほうれん草おひたし
枝豆
おつけもの(きゅうり・たくあん)
桃・ぶどう

今日のリトミックはばぁばのうちから 出勤??
明日からの夏休み(って真心は随分前から休みなんだけど・・・)
に備えて あちこち立ち寄り(持っていくお菓子を買ったり)バタバタしていました。
 
明日からは3日間ホテルにお篭りのフォアグラ状態が必須なので 夕食は冷蔵庫整理を兼ねた粗食で・・・

Photo 熱海の干物やさんの 高級アジの開きは小ぶりながら 肉厚で美味。
元来、魚好きの真心は 小骨はヘイチャラ、試しに身をほぐすときに出た中骨を与えてみました。カリカリに香ばしく焼けた中骨のまわりの身が開きでは最も美味しい所・・・。
お行儀が悪いのは承知で むしゃぶりつかなくては・・・。
案の定、しゃぶり方のコツをチョット伝授したら、あっという間に骨だけになって戻ってきたました。嬉しそうに私の分の開きも「いちばん 美味しいカリカリのとこ~」って狙っている。

真心は本当に魚好き。お肉も好きだけど、お魚の焼いたもの、煮たもの お刺身 調理法方を問わず、大人と同じ分だけぺろりと平らげる。
マグロはご多分に漏れず、白身も大好き。一番好きなのは鯵・鰯・鯖の類の青魚。
確かに生後まもなくから、おそらく目黒で最も美味しい青魚を食べていたことも大きく関係しているはず。
小さな子供は どんなものでも初めて口にしたときの印象が一生の好みを左右することが 往々にしてある。・・と言うのは大袈裟すぎるけど、実際のものとは異なったイメージを持ってしまうことは多い。事実、かぼちゃの煮物が大嫌いで・・・ベチャベチャのこんなに美味しくないものを何で食べないといけないのだろうと 甚だ疑問に思っていた幼少期。ホクホクのかぼちゃのてんぷらを食べてから かぼちゃに対する感情は180℃変わりました。何事も経験なんですよね。
 すごく個人的な意見だけど、小松菜はゆがくより 油炒めの方がこくがあって美味しいし、カリフラワーも茹でたモサモサより、炒めた方が食べやすい。茄子は油を使った調理の方が断然甘みが強調される。・・・・趣向だけど、科学的にも栄養的にも事実のようです。
検証するとなると、「試してガテン」のHPになってしまうので ご勘弁。

子供の趣向を決定つけるのは 最も身近にいる母親の役割がとっても大きい。
そして それが後々、子供が大人になったときの体調や体格にも大きく関わっていくといいます。そういう意味では我が家はかなり洗脳。エビフライは尻尾が一番美味しいと入れ知恵し、
1歳に満たないうちから「アンパンマンカレーは美味しくない」と教え込み(といいつつ、1度は食べさせました。一口食べて あとは残しました。)『虫歯イキン』の元だからと ガム・キャラメルを悪者に設定し(実際にキシリトールガムを犬に食べさせてたら 狂ったと言う実験結果も出ているそうな・・・)
我慢するのではなく 自ら拒絶するように仕込みました。
・・・どうなんだろう・・・と思いつつ・・・。

ちなみに私自身。鯵の開きは 子供の頃はあまり好きではありませんでした。
でも、食に携わり、美しくお魚を食べる人々を見てから 尊敬し、真似していくことで、
今は大抵のものは頭から全ていただいてしまいます。
・・・北海道には美味しい鯵の開きは無かったんだもん・・・・。

|

« オーバカナルのパンで朝食 | トップページ | 遅い夏休(インターコンチネンタルヨコハマグランド) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1027438/23266718

この記事へのトラックバック一覧です: お魚好きな真心:

« オーバカナルのパンで朝食 | トップページ | 遅い夏休(インターコンチネンタルヨコハマグランド) »