« 久しぶりにダラダラ | トップページ | 初めてのフリマ »

六本木ミッドタウンでランチ

Dsc00290 毎月恒例の「父さんとのごはん」で、この日はミッドタウンまで行ってきました。
そろそろ、大勢の人が集まる場所でも、迷惑をかけずに振る舞えるかな?と思い、母的にはドキドキのチャレンジです。
 大人が集まるレストランに行くときは、必ず、行く前に話をしてから出掛けます、『大人のレストラン』という言葉が 真心の小さな辞書には存在します。
「今日行くのは 大人のレストランだから、あなたも大人のように振る舞わなければ、『帰って下さい』といわれてしまうからね。」と。神妙に聞いていて、効果は絶大です。「お母さんのようになりたい」と思っているうちは 効き目アリです。
 父さんの事前調査もあり、(それなりのレストランに行くときは予約の段階で、4歳のこども連れでの食事か可能かを、まず最初に確認します。)スムーズでした。
 真心も一人前に扱ってくださり、コートを預かってくださったり、(そういう時は必ずお礼を言わせます。普段は自分でやりなさいといっていることを やってくださるのですから)
 ちゃんとした レストランなのに、裏メニューで、『お子様ランチ』ありました。
 といっても 大人のお料理を ポーションを小さくしたモノでしたが、 逆にそこが気に入り、オーダーしました。完食でした。
 イベリコ豚のグリル、食べたかったのになぁ。だから、メインは魚にしたのになぁ。


Dsc00288 カトラリーも子供用のものと交換してくださって、それもまた、真心には嬉しかったようで、にわかマナー教室の始まりです。
 イベリコ豚を ナイフとフォークを左右の手に持って使って切り刻んで・・・。
真心の介添え?をしていて気づきました。、フォークとナイフを左右に持ってモノを切るという行為は 左右の力加減がうまくバランスとれていないとできないということ。同時に力を入れているのではなく、押さえる左手と、引く作業をする右手は力を入れたり抜いたりしているということ。人間は知らないうちにいろいろなことを 体得していつの間にか無意識にしていることが たくさんあるんだということ・・・。(大袈裟かなぁ)

何はともあれ、大満足のランチでした。真心は途中でくじけそうになったけど、イケメンのスマイリーな ボーイさんのおかげで まんまと最後までレディで通せました。happy01

帰りに『SADAHARU AOKI』で おやつのスイーツを購入して 帰宅しました。

|

« 久しぶりにダラダラ | トップページ | 初めてのフリマ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1027438/21340657

この記事へのトラックバック一覧です: 六本木ミッドタウンでランチ:

« 久しぶりにダラダラ | トップページ | 初めてのフリマ »